販売好調なホンダの新型軽二輪スクーター「ADV150」 発売当初から豊富なカスタマイズパーツをラインナップ

2020年2月14日に発売が開始されたホンダの新型軽二輪スクーター「ADV150」には、同時に純正用品や社外品などたくさんのカスタマイズパーツが用意されています。

純正品から社外品まで、購入後の楽しみも用意

 ホンダ「ADV150」は、排気量149ccの水冷4ストローク単気筒OHCエンジンを搭載する軽二輪スクーターです。「X-ADV」や「アフリカツイン」とアドベンチャーイメージを共有し、“シティアドベンチャー”という新たな価値観を提案しています。

モリワキ「ZEROフルエキゾーストANO(アノダイズドチタニウム)」や「BIKERS」(プロト扱い)のブレーキレバーなどを装着した状態

 人気のホンダ「PCX150」に搭載されているエンジンをベースに低中回転域のトルクを向上し、フロント130mm、リア120mmの長いサスペンションストロークを持ち、ブロックパターンのタイヤ、2段階可変スクリーンなどを装着し、容量27リットルのシート下ラゲッジスペース、「Honda SMART Keyシステム」などの装備、灯火類はすべてLEDなど、快適性や利便性、機動力に加え、個性的で力強い外観と優れた走破性といったシティアドベンチャーにふさわしい機能、装備が盛りだくさんの内容となっています。

 そして購入後の楽しみとして、利便性や快適性を高めるトップケースやグリップヒーター、ロングスクリーン、二輪ETC2.0車載キットなどのほか、ドレスアップが楽しめるカラフルなアルミパーツ、見た目のみならず機能向上も見込めるサイレンサーやフルエキゾーストマフラーなど、小排気量バイクに大きな拡張性を持たせている点も魅力となっています。

ホンダ純正トップボックス(35L)やリアキャリアなどを装着した状態

 発表から約2カ月で販売計画台数(国内・年間)3000台を上回る4000台の受注があったことから、いかにユーザーから注目されていたのかが伺えます。ホンダが提案するシティアドベンチャー、今後の展開にもますます注目が集まります。

【了】

【画像】最初から豊富な品揃えのホンダ「ADV150」カスタマイズパーツを見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事