バイク界の「テスラ」電動バイクZERO「SR/F」遂に日本上陸! その実力は?

量産電動バイク最高峰クラスの性能が与えられたZERO MOTORCYCLES製のネイキッドモデル「SR/F」が日本に上陸しました。どの程度の性能を秘めているのでしょうか。

電動バイクの最高峰モデルがついに日本導入

 電動バイクブランド「XEAM(ジーム)」を展開するMSソリューションズは、米国の電動バイクメーカー「ZERO MOTORCYCLES(ゼロ・モーターサイクルズ)」製の「SR/F(エスアールエフ)」を4月上旬に発売します。

ZERO MOTORCYCLE製の電動バイク「SR/F」

 ZERO MOTORCYCLESが開発したSR/Fは、新規開発したZF75-10モーターとZF14.4リチウムイオンバッテリーを搭載するネイキッドモデルで、最高約259kmの航続距離を実現した高性能な車両です。

 最高出力82kw(110hp)、最大トルク190Nm(約19.4kgf・m)と国産大型ネイキッドモデルに引けを取らない出力とされたSR/Fは、最高速を200km/hに設定。前後にショーワ製フルアジャスタブルサスペンションやBOSCH製のスタビリティコントロールでブレーキング時の車体の安定性や加速時のトラクションを総合的にコントロールすることで、走りを安全に楽しむ事が可能となっています。

 SR/FについてMSソリューションズの企画開発本部 XEAM事業部の小森章主任に伺ったところ「SR/F は既存の量産電動バイクの中でも最高峰の性能を持つモデルです。初回は少ない台数のみ導入しましたが、その後の導入台数についてはユーザーの反応をみながら調整していく予定です」と話ます。

 電動大型自動二輪車に分類されるため、AT限定大型二輪免許または大型二輪免許で運転することが可能なZERO MOTORCYCLES「SR/F」の価格(消費税別)は300万円が予定されています。

 なお、今回の車両導入は、マン島、パイクスピーク等世界のEVバイクレースでの輝かしい実績を持ち、レース活動を通じ『ZERO MOTOR CYCLES』との関わりの深い株式会社MIRAI (TEAM MIRAI)とタッグを組んでの始動となるようです。

■Zero SR/F 主要諸元
STANDARD
カラー:Red / Gray
クラス:電動大型二輪
バッテリー種類:リチウムイオン電池
車体重量:約220kg
バッテリー最大定格容量:14.4kwh
最大出力:82kW(110PS)/5000rpm
最大トルク:190N・m(19.37kgf・m)
最大航続距離:≧259km
※高速道路(89km/h)の場合159km。街乗り+高速道路(89km/h)の場合198km。
充電時間:4.5h
※レベル2(208V-240V)での充電時間。レベル1(110V-120V)の場合8.5H。
最高速度:≧200km/h
乗車定員:2名
製造国:アメリカ

■各種区分
免許区分:AT限定大型二輪免許・大型二輪免許
車両区分: (電動)大型自動二輪車
車検:免除

【了】

【画像】ZERO MOTORCYCLES製の電動バイク「SR/F」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事