群馬県は飲食系自販機の聖地!? バイクで巡りたい昭和スポット『丸美屋自販機コーナー』に行ってみた

自販機で熱々のうどんやラーメン、ホットトーストを頬張り缶コーヒーで暖をとる。絶滅しかかっている飲食系の自販機が、なぜか群馬県には複数残っています。『丸美屋自販機コーナー』に行ってみました。

渓谷沿いの道に現れる、昭和レトロな飲食系自販機店舗

 いまはもう絶滅しかかっている飲食系の自販機が、なぜか群馬県には複数残っています。自販機から供給される熱々のうどんやラーメン、ホットトーストを頬張り、缶コーヒーで暖をとる。レトロな自販機を置く店舗は、ツーリング途中の休憩に最適です。

駐車場に入りやすくバイクやクルマでも訪れやすい丸美屋自販機コーナーは、ゲーム機の類は無く純粋に自販機グルメだけを楽しめる

 群馬県みどり市(東町花輪1973)にある『丸美屋自販機コーナー』は、バイクで走るとたいへん気持ちの良い、渡良瀬渓谷沿いの国道122号にあります。外観もなかなかレトロな雰囲気を醸し出しており、中に入ると「旅の思い出帳」のようなノートも置かれています。

 いきなり太平洋工業社製のトーストサンドイッチの自販機が目を引きますが、いま食べたいのは汁モノです。富士電機の麺類自販機で暖かいラーメンを食べます。

「唐揚げラーメン」というメニューと、普通のラーメンが同じ値段(300円)で並んでいますが、ここは初めてということで、純粋にスタンダードな方をチョイス。

 調理中の表示はデジタル数字です。こういう1970年代から1980年代の表示には懐かしさを感じずにはいられません。このころのデジタル腕時計などもいい味を出しています。

 気になるのは手書きの貼り紙。「当たり」はニワトリの卵、「ハズレ」はうずらの卵だそうです。そして出てきたのはウズラの卵でした。結果ハズレではありますが、器や麺とのサイズ感が丁度良く、味も良いので当たりの気分を味わえました。

とろけるチャーシューが想像以上に美味しくてびっくり。これで300円は安い。スープも醤油ベースで食べやすい

 スタンダードな醤油味のスープにツルツルの麺、普通に美味しく頂けます。とくにチャーシューが絶品で、これだけでお金を取れるのではないかというほど。一食のボリュームはよくある中華飯店の小ラーメンくらいなので、まだ食べられます。

 ということで隣の「かき揚げ天ぷらうどん」へ。こちらにも貼り紙があり、エビ天が「大当たり」、カボチャとさつま芋は「中当たり」だそうです。そして出てきたのはエビ天! 大当たりです。

 また「青とうに注意」とあります。うどんもなかなか、つゆは出汁もきいて大当たりのエビ天もプリプリ。青とうを少しかじるとピリリとした刺激で一味いらず。

 ここにはゲーム機の類はなく、純粋に飲食の自販機のみが設置されています。訪れた日にはツーリング中のライダーたちが数名来店しており、1986年型のヤマハ「VMAX」オーナーとしばし歓談。地元で働いているのだろうという人も見られました。

 たまたま自販機の食材を納品している業者も見られ、山道にしてはなかなか賑わっています。またここは渡良瀬渓谷鉄道も通っており、近くに無人駅もあります。

 都会の人混みとは無縁なこのスポット、バイクやクルマで訪れ、昭和レトロな自販機で味と雰囲気を堪能する、そんな過ごし方も良いのではないでしょうか。

【了】

【画像】群馬県の自販機店舗『丸美屋自販機コーナー』潜入(13枚)

画像ギャラリー

最新記事