KTM「390アドベンチャー」試乗! 普通二輪免許でオンロードもオフロードも楽しめる万能性とは!?

アドベンチャーモデルに排気量400cc以下の新型、KTM「390アドベンチャー」が登場しました。一体どんな乗り味なのでしょうか? 海外のメディアローンチに参加した伊丹孝裕氏がインプレッションします。

アドベンチャーモデルの万能性を普通二輪免許(中免)で楽しめる!

 オーストリアのKTMは「アドベンチャー」の名を持つ万能モデルを多数ラインナップしています。排気量799ccの「790アドベンチャー」から1301ccの「1290スーパーアドベンチャーR」まで7機種あるわけですが、そこに加わった最新最小排気量のモデルが、この「390 ADVENTURE(390アドベンチャー)」です。

KTM「390 ADVENTURE」(2020年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 排気量373.2ccの水冷単気筒エンジンが搭載され、普通二輪免許(いわゆる中免)で運転できる点が他の大型アドベンチャーモデルと異なります。

 車体は軽量スリムに仕上げられているため、抜群の扱いやすさを披露。それでいてオンロードはもちろん、オフロードもかなりのレベルでこなす、タフな1台として送り出されました。

 そんな390アドベンチャーにいち早く乗ることができたため、そのインプレッションをお届けしましょう。

 まずはライディンポジションから。855mmのシート高は体格によってはネックになります。身長が170cmあれば両足のツマ先が地面に接地する、それくらいの数値ですから、小柄なライダーだとプレッシャーを感じるかもしれません。

 ただし、乾燥重量は158kg(装備重量でも172kg)と軽く、しかも重心が高くないため、引き起こしや取り回しは楽に行なえるはず。ディーラーの試乗車などで体感させてもらうことをおすすめします。

 軽いのはスロットルやクラッチレバーの操作性も同様で、ストップ&ゴーが多い街中でもストレス知らず。1速と2速のギア比がちょっと離れていて、2速に入れると思いのほか回転数が下がって1速に入れ直す、という場面があるものの、これはこれでKTMらしいところ。つまり、遠慮せずにガンガン回して楽しむタイプです。

身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がKTM「390 ADVENTURE」またがった状態

 オンロードにおけるハンドリングはおだやかで、ベースになった「390 DUKE(390デューク)」がキビキビと軽快に曲がるのに対し、390アドベンチャーはゆったりと旋回。フロントホイールが390デュークの17インチに対し、390アドベンチャーは19インチと大径になっているぶん、落ち着いた挙動を見せます。

 一方、エンジンのフィーリングは若々しく爽快そのもの。とくに6000rpmを超えたあたりから力強さを増し、そのまま10000rpmあたりまで一気に回り切るスポーツユニットに仕立てられています。

さて、オフロード性能はというと……

 想像以上のパフォーマンスだったのが、本格的なオフロード性能です。元がオンロードバイクとは思えないほど、土も岩も砂もなんなくクリア。ギャップで大きく振られても軽い車体のおかげで簡単にリカバーすることができ、オフロードが不慣れな方も不安なく走れるに違いありません。

KTM「390 ADVENTURE」(2020年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 また、「ON」と「OFF」が選べるトラクションコントロールを「OFF」に、「ROAD」と「OFF ROAD」が選べるABSのモードを「OFF ROAD」に切り換えておけば、リアタイヤをスライドさせたり、わざとロックさせてターンするようなライディングも自由自在。スキルの高いライダーに向けた電子デバイスも充実しています。

 現在、アドベンチャーは流行しているカテゴリーのひとつですが、排気量250ccから400ccクラスのモデルでは走破性が期待したほどではなく、かといって1000ccクラスになると大きく重く、とても扱い切れない……そんな風に感じているライダーは多いことでしょう。

 そこへ登場したのが390アドベンチャーというわけです。オンロードもオフロードも、日常的な使い方もロングツーリングもこなせる本当のオールラウンダーとしてヒットするのではないでしょうか。

KTM「390 ADVENTURE」(2020年型)カラー:オレンジ(左)、ホワイト(右)

 KTMの新型アドベンチャーモデル「390アドベンチャー」の価格(消費税10%込み)は75万9000円、カラーバリエーションはオレンジとホワイトの2色が用意され、2020年4月より発売予定とされています。生産国はインドです。

【了】

【画像】KTM「390アドベンチャー」(2020年型)詳細

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事