ヴィンテージな雰囲気を醸し出す美しい電動一輪車「ESCIS」とは!

ESCISは、最新の電動ホイールと50年代のバイクや車の雰囲気を融合させた電動一輪バイクです。ガソリン車と電動車の見事なデザインの調和にも注目です。

デザイナーのイメージが見事に可視化された電動一輪車

 ESCISは、電動ホイールと50年代のバイクや車のヴィンテージな雰囲気を掛け合わせたような表現の電動一輪バイクです。このモデルは、ロシアのデザイナー、コンスタンチン・コス氏のデザインによるもので、ホワイトリボンのタイヤやクロームメッキと小さなレザーバッグ、光沢のあるモノコックシェルも強調されたヴィンテージの曲線が演出されたモデルに仕立てられています。

ヴィンテージ系デザインが採用された電動一輪車「ESCIS」

 ホイールを囲む空力設計は、美しい曲線形状を描くハーレーのラップアラウンドフェアリングを彷彿とさせるデザインとなっています。装飾には、キャップ、取手のようなフィギュアヘッド、フェイクフューエルキャップで、ガソリンを体にこぼさないように気をつけなければならなかった時代の乗り物をイメージしデザインされています。

 ESCISに採用されたレザー/デニムのサドルバッグ、ヘッドライト、ブレットブレーキライト、オーナメントなどの仕上げもヴィンテージ感を盛り上げ、懐かしい魅力もさらに高める要因の一つです。

 ESCISは、電動モーターにカスタムメイドで作られ磨き上げられたアルミ製のハンドルと各パーツ、本革、3Dプリントされたカーボン充填プラスチック製のフェアリングを塗装し、磨き上げられています。さらに、1.5kwのモーターと680Whのバッテリーを革製のバッグの中に入れ、重量20kg、最高速度20km/hを実現しています」とコス氏は語っています。

 シティコミューターとして近所で一輪車のスクーターを見かけるようになった時には、人は皆、未来を実感することができるでしょう。未来的デザインをコンセプトの念頭に置いて製作されたESCIS一輪車は、古き良き乗り物の時代を彷彿とさせてくれます。

【了】

【画像】電動一輪車「ESCIS」を見る

画像ギャラリー

最新記事