トライアル世界選手権参戦25年目を迎える藤波貴久選手の現在!

Repsol Honda Team藤波貴久選手が世界選手権トライアルにデビューし、2020年で25年目を迎えました。自宅でトレーニングやバイクを整備する藤波選手にシーズン開幕を待つ今の状況について聞きました。

トライアル世界選手権デビュー25周年を迎えたフジガスの今!

 Repsol Honda Team藤波貴久選手がトライアル世界選手権にデビューし、2020年で25年目を迎えました。藤波選手のコロナウイルスの影響により、自宅で体調を整え、大会再開に向け集中力を研ぎ澄ませています。

Repsol Honda Team藤波貴久選手(EICMA2019での藤波選手)

 藤波貴久選手の最初の国際トライアル大会は、1996年4月14日にスペインのマドリッド地方のナバセラーダで行われました。当時16歳の藤波選手は、夜明けの雪の中、他の37人の参加者の中に並び、2日後に19位で大会を終えました。この大会から「フジガス」伝説が始まります。

――トライアル世界選手権でのデビューの思い出はありますか?

 本当はあまり覚えていないのですが、最初のトライアルで、みんなに「フジガス」とあだ名をつけられたことは覚えています。

――「フジガス」と呼ばれた理由は?

 1周目は誰も乗り越えられなかった難しいセクションにチャレンジしたのですが、急勾配だったので、かなりのガスをかけました。かなりの量をね。でも、それも失敗に終わってしまったので仕方がないのですが、観客が「あの人は誰ですか?”お前はフジガスだ!”って。そこからの流れで……。

――エリートライダーの中では初のトライアルだったんですね。

 ジョルディ・タレス、トミ・アーバラ、ボシス、コリー、ランプキン、コロマー…ビデオでしか見たことがなかったのですが、その中に並んでいました。プロのライダーたちを前にして、ステージの恐怖を感じたこともありましたが、それはとてもエキサイティングなことでした。

1980年代にトライアルに革命を起こしたジョルディ・タレス(1997引退)

――今年で25回目となるトライアル世界選手権のシーズンです。これほど長いスポーツキャリアは滅多にないと思うのですが。

 今までは自分だけだと思っていましたが、他の多くの選手が同じ記録を更新しようとしていると思います。昨年の3位は多くの人にとっては驚きのようでしたが、私にとってはそうではありませんでした。今年は精神的にも肉体的にもさらに良くなっていると思います。最終的に25年というのは数字に過ぎません。気分は最高だし、毎年同じように感じています。

――昨年のシーズン3位という驚異的な結果を残しましたが、それは自分のベストだと思っていますか? 2004年を除けば、自分にとって最高の年だったと思いますか?

 3年前には世界選手権でも3位を獲得していて、そこでも優勝といくつかの表彰台を獲得し、とても良いシーズンだったと思います。

――2020年のトライアルGP世界選手権はスタートが変更され、6月の日本大会も開催延期されています。

 そうですね。インドア選手権に出場していない私にとっては、待ち遠しい限りです。最初の3つのトライアルが延期になってしまったので、精神的にも少しきついですね。2ヶ月後に世界選手権が始まっていないことを考えると、厳しいだろうね。

自宅ジムでトレーニングを行う藤波選手

――それにもかかわらず、最近は自宅でトレーニングをしている藤波選手の姿が目につきます。コロナウイルスの流行に備えての対策ですか?

 そうですね。家の中では、エクササイズバイクやフィットネスなど、できるだけ多くの運動をするようにしています。トレーナーに自宅でできるエクササイズを送ってもらっています。

――健康を維持するためにどんな運動をしていますか?

 主に自転車で有酸素運動をしていますが、アメリカ海軍が体力やコンディションを維持するために開発したTRXトレーニングや胸や脚を鍛えるためのウェイトもしています。

――家にジムはありますか?

 1人でトレーニングするのは集中力を維持するのが難しいですね。1人でトレーニングをするには精神的に強くないといけないですね。

――バイクを準備する時間はありますか?

 家に練習用のバイクがあるので、いじったり、技術的な調整をしたり、エンジンを変えてみたり……ということはしていますが、あまりできていません。

――アスリートは食事に気をつけることが大切です。最近、食生活に変化はありましたか?

 毎日体重計で体重を確認しています。だから食事についてはあまり気にしなくていいと思います。

トライアル世界選手権での藤波選手

――最後にメッセージをお願いします。

 コロナに感染した人の世話を一生懸命にしてくれている医療従事者の皆さんに感謝したいと思います。彼らに敬意を表するとともに、愛する人を失った人々の家族や友人に哀悼の意を表したいと思います。ありがとうございました。

自宅でバイクを整備する藤浪選手

【画像】「フジガス」を画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事