スズキは創立100周年! メーカーを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000R」に特別色登場

スズキは2020年3月15日に創立100周年を迎え、スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000R ABS」に特別色を設定して4月24日より発売します。

「チームスズキエクスター」のGSX-RRをカラーモチーフに

 スズキは2020年3月15日に創立100周年を迎え、スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000R ABS」に特別色を設定して4月24日より発売します。諸元や仕様に変更はありません。

スズキ「GSX-R1000R ABS」100周年記念カラー(トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック)

 スズキ「GSX‐R1000R ABS」は、30年以上に渡り世界耐久選手権をはじめとする世界中のプロダクションレースで数々の勝利実績を誇る「GSX-R」の開発経験と、MotoGPで培われた最新テクノロジーを融合したスーパースポーツバイクです。

 スズキ100周年記念カラーとして2020年型に採用された特別色は、2020年のMotoGPクラスに参戦する「Team SUZUKI ECSTAR(チームスズキエクスター)」の参戦マシン「GSX-RR」のカラーリングをモチーフとし、「トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック」をまとっています。

「GSX‐R1000R ABS」は、これまでも「No.1スポーツバイク」をコンセプトにGSX-Rシリーズの特長であるエンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、MotoGPで培った技術を採用することでさらに進化、高次元でバランスさせ、GSX-R史上最もパワフルかつ最も環境性能に優れたモデルです。

 搭載される排気量999ccの水冷直列4気筒DOHC4バルブエンジンは、最高出力145kW(197PS)/13,200rpm、最大トルク117N・m(11.9kgf・m)/10,800rpmを発揮し、高回転域での出力向上と低中速域での出力を両立する技術「ブロードパワーシステム」を採用しています。

 フレームは全幅を抑えることで空力性能を高め、軽量化と剛性バランスの最適化、エンジンの搭載角度を変更し、前輪の中心からスイングアームの前軸までの距離を短縮することでコーナリング性能と操縦性を高め、カウリングは前面の表面積を縮小して空気抵抗を大幅に低減しています。

2020年型「GSX-R1000R ABS」(左)とモトGP参戦マシン「GSX-RR」(右)

 前後サスペンションにはショーワ製、フロントブレーキにはブレンボ社製モノブロックラジアルマウントブレーキキャリパーを採用し(リアブレーキはNISSIN製)、ABSはIMU(Inertial Measurment Unit:慣性計測装置)により、フルブレーキ時に後輪が浮くのを抑制する「モーショントラック・ブレーキシステム」を採用しています。ほかにも、選択可能なライディングモードやクイックシフトシステムなど、スーパースポーツバイクならではの充実した装備が盛り込まれています。

 車重(装備重量)203kg、シート高825mmでETC2.0車載器も標準装備する新型「GSX‐R1000R ABS」(2020年型)の価格(消費税10%込み)は215万6000円です。

【了】

【画像】スズキ創立100周年特別カラー「GSX-R1000R」(2020年型)詳細

画像ギャラリー

最新記事