可愛さ満点! 出川哲朗も使用するヤマハ「E-Vino」手芸で登場

ヤマハはwebで展開している手芸シリーズの最新作として電動バイク「E-Vino」のあみぐるみ・羊毛フェルトのレシピを公開しました。

ヤマハの手芸コンテンツの最新作

“ヤマハ発動機の世界を手作りする”という試みにもとづき、2018年10月からスタートしたウェブコンテンツ「あみぐるみ/羊毛フェルト」の最新レシピを公開されました。

ヤマハ手芸コンテンツの最新レシピで製作された「E-Vino」(左/羊毛フェルト 右/あみぐるみ)

 最新作となるレシピは、テレビ東京の旅バラエティ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」でも使用されているE-Vinoを題材にしたもので、ウェブではオレンジ色にスイカ柄シートを装備した出川哲朗仕様、志摩リン仕様のビーノと同様に初心者マークを備えたライトブルーの2バージョンが公開されています。

 2015年に発売された電動スクーター「E-Vino」は、家庭用コンセントで充電できる取り外し可能なバッテリーを搭載したモデルで、原付免許で運転することが出来ます。68kgの軽量ボディを採用した同モデルは、約3時間で満充電が可能で、電気代は約14円、航続距離は29km(別売りのスペアバッテリー使用で58km)となっています。

 お洒落なスタイリングのレトロポップ・ファッションスクーター、E-Vinoの価格(消費税込み)は24万900円となっています。

【了】

【画像】ヤマハ手芸コンテンツの最新レシピで製作された「E-Vino」の画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事