欲張りなアドベンチャーバイク BMW Motorrad「S1000XR」は198万1000円から

BMW Motorrad「S1000XR」は、スーパーバイクにアドベンチャーの多用途性を融合させ、オンロードでの優れたスポーツツーリング性能を実現したモデルです。

アドベンチャーとロードスポーツのクロスオーバーモデル最新版!

 BMWは、長距離走行性能とスポーツ性能を両立するアドベンチャースポーツモデル、新型「S1000XR(エス・セン・エックス・アール)」をBMW Motorrad正規ディーラーにて2020年4月27日より販売開始します。

BMW Motorrad「S1000XR」(2020年型)

 BMW Motorrad「S1000XR」は、並列4気筒エンジンを搭載するBMWのスーパーバイク「S1000RR」から派生したネイキッドモデル「S1000R」に並ぶ兄弟モデルです。

 2015年に新登場し、スポーティさと快適な長距離ツーリング性能を兼ね備えたアドベンチャースポーツモデルの最新型は、2019年11月にイタリアで開催されたバイクの国際見本市「ミラノショー(EICMA2019)」でワールドプレミアとなりました。

 最大の特徴は先代モデルからの徹底的な軽量化で、骨格はフレックス・フレームを採用することでボディを大幅にスリム化し、フレームおよびスイングアームは先代モデルより2.1kg軽量化、エンジンは最新型の「S1000RR」をベースに5kg軽量化されたエンジンを搭載するほか、トータルで先代モデルより約10kgの軽量化を実現しています。

 ギア比が最適化された新開発並列4気筒エンジンは最高出力121kW(165ps)、最大トルク114Nmを発揮し、幅広い回転域でより快適な乗り心地を実現しています。

 足まわりには最新世代の電子制御式サスペンション「BMW MotorradダイナミックESA Pro」を標準装備(グレードによる)することで、アドベンチャースポーツモデルらしいダイナミックな走行と優れた乗り心地を実現しています。

 また、ライディングモードやダイナミックスタビリティーコントロール、ウイリーコントロール、エンジンブレーキコントロール、バンク中の安全性も向上するABS Pro、アクセルオフ時に後輪が路面状況によってエンジンブレーキでロックすることを防ぐエンジンドラッグトルクコントロールなど、充実した電子デバイスが搭載されています。

 2020年型「S1000XR」の価格(消費税10%込み)は198万1000円からとなります。BMW Motorradは全てのモデルにETC2.0車載器を標準装備しています。

【了】

【画像】BMW Motorrad「S1000XR」(2020年型)詳細

画像ギャラリー

最新記事