英国CCM「SPITFIRE SIX」 ハンドメイドで製造される車重139kgと超軽量なシングルモデル

イギリスのバイクブランド「CCM」は300台限定のスポーツモデル「SPITFIRE SIX」を発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ハンドメイドで組み上げられるFOGGY S EDITION SPITFIRE

 英国のバイクブランドCCMは、個性的なスタイルのスポーツバイク「SPITFIRE SIX(スピットファイヤー・シックス)」の2020年モデルを発売しました。

イギリスのバイクブランドCCM製の「SPITFIRE SIX」

 モータースポーツで数々の功績を残してきたCCMは、アラン・クルース氏によって設立されたメーカーで、高品質な製品を手掛けることで知られた名門バイクブランドです。2016年からはスクランブラーモデル「SPITFIRE(スピットファイア)」シリーズを展開し、モデルの拡充を図ってきました。

 その中の一つであるSPITFIRE SIX は、手作業で製造されるモデルで、最高出力55hpを発揮する軽量な600cc水冷ビッグシングルエンジンを、前後19インチホイールを採用したトラッカースタイルの車体に搭載。乾燥重量139kgとすることでパワーウエイトレシオ0.41/kgとかなり高いスペックとされています。

 また、同モデルではメタリックオックスブラッドレッド、ブリティッシュレーシンググリーン、パールホワイトなど全5色のタンクカラーのほか、オプションとして鍛造アルミホイールも設定されています。

 300台限定で製造されるSPITFIRE SIXの価格は9995ポンド、日本円で約133万前後となっています。

■主要諸元
排気量 600cc
エンジンタイプ 水冷シングル
最高出力 55bhp
最大トルク 58Nm
圧縮比 12:1
インジェクション ミクニD45
トランスミッション 6速
乾燥重量 139kg
シート高 820mm
全高 1070mm
全長 2170mm
ホイールベース 1480mm
タンク容量 14リッター

【了】

【画像】CCM製「SPITFIRE SIX」を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事