ヤマハ「BOLT」2020年モデル登場! Rスペックには上質で高級感漂うブルーを設定

ヤマハは大型クルーザーモデル「BOLT」の2020年モデルを発売します。新型モデルでは上位機種の「BOLT Rスペック ABS」に新色のブルーが設定されました。

質実剛健をテーマにしたブルーのボディカラーを追加

 ヤマハは、空冷4ストロークSOHC・V型2気筒4バルブ・941ccエンジンを搭載したクルーザーモデル「BOLT R(ボルト・アール)スペック ABS」および「BOLT ABS」をマイナーチェンジし、2020年モデルとして6月18日に発売します。

ヤマハ「BOLT ABS」2020年モデル

“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトとするシンプルなスタイルと、都市近郊での快適な走行性を兼ね備えたBOLTシリーズは、2013年に登場して以来、多様なライフスタイルにフィットするモデルとして支持されています。

 6月から販売される2020年モデルでは、ポジションランプを追加したヘッドランプを新たに採用した上で、ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールを装備した上級モデル「BOLT Rスペック ABS」のボディカラーを ブルーに変更し、落ち着きのある上質な雰囲気に仕上げました。なお、「BOLT ABS」のカラーリングはブラックが継続販売されます。

 国内4メーカーの中でも希少な大型クルーザー、BOLTシリーズの価格(消費税込)は97万9000円からとなっています。

【了】

【画像】ヤマハ「BOLT」2020年モデルの画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事