英国CCM「STEALTH BOBBER」 いにしえのボバースタイルを現代的にアレンジ

イギリスのバイクブランド「CCM」はかつてレーシングバイクから派生したとされるボバースタイルを取り入れた「STEALTH BOBBER」を発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ハンドメイドで組み上げられるFOGGY S EDITION SPITFIRE

 英国のバイクブランドCCMは、個性的なスタイルのスポーツバイク「STEALTH BOBBER(ステルス・ボバー)」の2020年モデルを発売しました。

イギリスのバイクブランドCCM製の「STEALTH BOBBER」

 アラン・クルース氏によって設立されたCCMは、モータースポーツで数々の好功績を残してきたブランドで、高品質な製品を手掛けることで知られた名門バです。2016年からはスクランブラーモデル「SPITFIRE(スピットファイア)」シリーズを展開し、派生モデルの拡充を図っています。。

 モデル名に掲げられた「BOBBER」は、1920年台から1930年代にかけて確立されたと言われるカスタムスタイルの一つで、当時の車両においては、ノーマルリアフェンダーのヒンジ部分から切断したスタイルが“競走馬の切り尾”を連想させることから「BOBBER」と呼ばれていたと言われています。

往年のボバースタイルとされたハーレー・ナックルヘッドベースのカスタム(製作:ハマーサイクル)

 その当時のスタイルを現代的にアレンジしたSTEALTH BOBBERは、600ccの水冷シングルエンジンを搭載するモデルで、135kgという軽量な車体と55bhpという最高出力により軽快な走行性を実現。

 ブロンズ色とされたマルゾッキ製フロントフォークやフレーム、ホイールリムストライプ、ブラックの外装類により引き締まった印象を与えています。

 そのほか、ブレンボ製ブレーキシステムなど一流の製品で構成されたSTEALTH BOBBERの価格は1万1195ポンド、日本円で約149万円前後となっています。

■主要諸元
排気量 600cc
エンジンタイプ 水冷シングル
最高出力 55bhp
最大トルク 58Nm
圧縮比 12:1
インジェクション ミクニD45
トランスミッション 6速
乾燥重量 139kg
シート高 760mm
全高 1100mm
全長 2117mm
ホイールベース 1423mm
タンク容量 14リッター

【了】

【画像】CCM製「SPITFIRE SIX」を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事