3密避けて都会で機動力抜群! 原付2種スクーターがいま人気の理由

新生活に向けて維持費も安く、個性派モデル出揃う原付2種スクーターたち。原付2種スクーターの手軽さには、維持費の安さや法定速度は車と同じなど様々な要因があります。

最短3日9時限の教習所通いで免許取得可能

 いま、「3密」を避ける移動手段として、あるいはフードデリバリー(宅配)の足として自転車やスクーターが重宝されていると聞きます。スクーターに注目すると、原付2種の機動性の高さが際立ちます。不要不急の外出を自粛している筆者も、買い物や仕事でやむなく出掛ける際などに、所有する125ccスクーターが大活躍しています。

筆者(青木タカオ)と原付2種スクーター

 さて、何故原付2種を選べるのかですが、手軽ながらも法定最高速度はクルマや大きいバイクと同じ60km/h。二人乗りができ、交差点でもクルマと同じ右折方法で曲がることが可能で、二段階右折も不要です。もしクルマを所有していれば、任意保険でファミリーバイク特約に加入することもでき、自賠責保険は原付1種(50cc)と同額と、経済性に優れています。

 原付2種、正式には「第二種原動機付自転車」といい、「AT小型限定普通二輪免許」が必要です。ちなみにクルマの普通免許で乗れるのは原付1種=第一種原動機付自転車で、排気量は50cc以下。原付2種は50cc超から125ccで、51ccから90cc以下は黄色のナンバープレート、90cc超はピンクナンバーとなります。

90cc超の原付2種スクーターはピンクナンバー

 なんだ、クルマの免許で乗れないのか……、と思った人もいるかもしれません。しかし、四輪免許を持っていれば教習時限数は最短9時限=3日で教習所を卒業できるのです。

激戦区の人気セグメント

 バイクメーカーも下記の通り、原2スクーターのラインナップをとても充実させています。ホンダ10機種、ヤマハとスズキがそれぞれ5機種もあり、いかにこのセグメントの人気が高いかがわかります。もちろん国産メーカーだけでなく、外国車もあり、よりどりみどりとなっています。

■ホンダ
DIo110(23万5400円から)
スーパーカブ110(28万500円)
スーパーカブ110プロ(30万2500円)
ベンリィ110(28万6000円)※
ベンリィ110プロ(30万300円)※
リード125(31万5700円)
クロスカブ110(34万1000円)
スーパーカブC125(40万7000円)
CT125ハンターカブ(44万円)
PCXハイブリッド(44万円)
※ビジネス用

■ヤマハ
アクシスZ(24万7500円)
シグナスX(33万5500円)
BW’S(33万5500円)
NMAX(35万7500円)
トリシティ125(42万3500円)

■スズキ
アドレス110(21万7800円)
アドレス125(22万5500円)
アドレス125フラットシート仕様(23万1000円)
スウィッシュ(32万4500円)
スウィッシュリミテッド(34万6500円)

スーパーカブが究極!?

世界が認めた日本の名車スーパーカブシリーズ

 ここまではクラッチ操作の要らないオートマッチモデル、つまりAT免許で乗れる機種を挙げましたが、ホンダ『スーパーカブ』や『クロスカブ110』『CT125ハンターカブ』はトランスミッションがあり、変速させながら走らせなければなりません。

 変速が煩わしいだけのものなら、世界累計生産台数1億台突破、60年の超ロングセラーという偉業は果たせなかったでしょう。扱いやすく、シフトチェンジも奥深く面白い。操っているという二輪車の楽しみが、小さいながらもそこには詰まっているのです。

 生活の足や業務用としてだけでなく、世界中に“ファン”が数多く存在し、カスタムパーツも豊富に出揃っています。スーパーカブシリーズは、究極の原2かもしれません。

原付2種スクーターを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事