トライアンフ「Tiger 1200 Desert Special Edition」発売 より優れたアドベンチャー性能とスタイルを実現

トライアンフは、Tiger XCx仕様のセットアップにさらに高いレベルの装備を追加した「Tiger 1200 Desert Special Edition」を発売します。どのような特徴があるのでしょうか。

タイガー1200待望のニューモデル発売

 トライアンフは、アドベンチャーモデルTiger 1200シリーズの新型車「Tiger(タイガー)1200 Desert Special Edition(デザート・スペシャル・エディション)」を発売します2020年6月1日に発売します。

トライアンフ「Tiger 1200 Desert Special Edition」

 エンジンアップデートに際し、100項目もの改良を行うことでより俊敏な走行性を実現したタイガー1200シリーズは、アダプティブLEDコーナリングライト、フルカラーTFTディスプレイ、6つのライディングモード、バックライト付きスイッチハウジング、キーレスイグニッションなどを備えた本格的アドベンチャーモデルです。

 新たにラインナップに加わるTiger 1200 Desert Special Editionは、ミッドスペックモデル「Tiger XCx」仕様のセットアップに、Arrow 製軽量チタンサイレンサーやクラッチ操作なしでシフトアップやシフトダウンが可能なTriumph シフトアシストなどの装備を追加したモデルで、より高いレベルの乗り心地を実現しています。

 また、世界で最も人を寄せ付けない砂漠で行われた壮大なアドベンチャーからインスパイアされた同モデルでは、専用のDesert Editionグラフィックとサンドストームペイントが採用されています。

 XRT、XCAに続き、新たにTiger 1200シリーズに加わったDesert Special Editionは価格(消費税込)265万円となっています。

【了】

【画像】トライアンフ「Tiger 1200 Desert Special Edition」を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事