サイドカーレースこそ「狂気」では!? ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.48~

レーシングドライバーの木下隆之さんと友人のラリードライバーは、どちらも危険と隣り合わせですが“命知らず度”で言えばライダー、さらにサイドカーの方がクレイジーだと言います。

レーシングサイドカーに見る「狂気」の度合いとは……!!

「レーサーとラリースト、どっちの方が命知らず?」そんな不毛の議論をレーサー(筆者:木下隆之)とラリースト(筆者の友人)が戦わせた結果、満場一致で導き得た結論は「ライダーが一番アホちゃう?」だった……。

レーシングサイドカー(2019年マン島TTレース)。「マン島TTレース」は、公道を閉鎖して1周約60kmのコースを周回する世界最古のモーターサイクルレース

 前回のこのコラムでその議論を紹介したら、多くの方から賛同を得た。つまり、無鉄砲なのは、ハイサイドも厭わず果敢にスロットルを開け続けるライダーこそ命知らずで間違いない。

 だが、そのライダーの無謀さを検証するためにネットサーフィンしていたら、さらに凄腕のクレイジーを発見してしまった。それがレーシングサイドカーのライダー(ドライバー)である。それも、パッセージャーこそクレイジーの極みと言っていい。

 助手席と言っていいのか荷物置き場と言っていいのか、バイクにくくりつけた平たい板に乗り、生身の体を剥き出しにして疾走する。シートベルトで固定されているわけでもない。身を守るのはヘルメットだけである。

 しかもこのパッセンジャーは、コーナーに合わせて車体の右や左に体重移動するから狂気である。まるで顔を路面に擦り付けるように、数センチまでギリギリに低い姿勢を取ることもあれば、尻を路面に擦り付けるような姿勢を取ることもある。ハイサイドも厭わず果敢にスロットルを開け続け、ディンギー(ここでは動力が風のみのキャビンを持たない小型の競技用ヨットの意)のセイラーのように、体重移動するのである。

サイドカーはパッセンジャーの体重移動によって車体を安定させる(2019年マン島TTレース)

 ヨットは速度がたかが知れているし、よしんば海面に擦ったとしても気持ちいいだけである。だがライダーの場合は、200km/hオーバーで、カチカチのコンクリートに挑むのである。ハイサイドも厭わず果敢にスロットルを開け続けるライダーが命知らずならば、ハイサイドも厭わず果敢にスロットルを開け続けるライダーに命を預けるパッセージャーこそ、命知らずでなくて誰が命知らずというようか。

 世界一危険なレースだと断言できる「マン島TTレース」のシーンを観て、身の毛がよだった。時には、パッセンジャーの頭部がコーナーイン側のガードレール数センチでかすめるのである。もしライダーが数センチのライディングミスをしたら……。

 だから「狂気」である。これをクレイジーでないとして、世界に気が狂った競技はないと思うのだ。

【了】

【画像】「木下隆之の、またがっちゃいました」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

Writer: 木下隆之

1960年5月5日生まれ。明治学院大学卒業後、出版社編集部勤務し独立。プロレーシングドライバーとして全日本選手権レースで優勝するなど国内外のトップカテゴリーで活躍。スーパー耐久レースでは5度のチャンピオン獲得。最多勝記録更新中。ニュルブルクリンク24時間レースでも優勝。自動車評論家としても活動。日本カーオブザイヤー選考委員。日本ボートオブザイヤー選考委員。

最新記事