ヤマハ新型「YZF-R1」発売日決定! “ヤマハのハンドリング”を最も顕著に体現したフラッグシップモデル

ヤマハはスポーツモデルのフラッグシップ「YZF-R1M」および「YZF-R1」の新型モデルを発売します。新型モデルではエンジンを含む、様々な箇所に改良が加えられました。

満を持して登場! さらなる進化を遂げたYZF-R1シリーズ

 ヤマハは、様々な改良を加えたスポーツモデルのフラッグシップ「YZF-R1M」および「YZF-R1」2020年モデルの予約を5月28日より開始、8月20日に発売します。

ヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」

 1998年より販売を開始したYZF-R1は、発売当初よりスーパースポーツ市場を牽引してきたヤマハのフラッグシップモデルで、同社の技術の粋を投入しサーキットを征する性能を照準に開発されています。

 新型モデルでは、サーキット性能に磨きを掛けたクロスプレーンエンジン、APSG(アクセル開度センサーグリップ)を織り込んだYCC-T(電子制御スロットル)、伝わりやすい“接地感”を主眼にセッティングした前後サスペンション、EBM(エンジンブレーキマネジメント)とBC(ブレーキコントロール)を加え、全てを見直した電子制御システム、エアロダイナミクス特性を高めた新設計のカウリング、次世代“R”デザインを主張するLEDデュアルヘッドランプ&新作ポジションランプなどでを採用し、従来モデルからさらなる進化を遂げました。

ヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」

 また、上級モデル「YZF-R1M」では、オーリンズ社製電子制御サスペンションやアルミにバフがけを施したタンクやリアアームに加え、新たにカーボン素材の軽量カウルが採用されています。

 シリーズ合計400台の販売が計画されているYZF-R1の価格(消費税込)は236万5000円からで、YZF-R1では2色、YZF-R1Mでは1色のボディカラーが用意されています。

【了】

【画像】ヤマハ「YZF-R1」「YZF-R1M」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事