どことなく懐かしい? 1960年代のレーシングシーンを彷彿とさせるボディのベスパ「GTS Super 150」登場

イタリアのスクーターブランド「Vespa(ベスパ)」のなかでもスポーティなキャラクター「GTS Super 150」に、1960年代のレーシングマシンからインスパイアされた特別モデルが登場しました。

前後ディスクブレーキを装備する現代版“スポーツベスパ”

 イタリアのスクーターブランド「Vespa(ベスパ)」のラインナップ中スポーティなキャラクターを与えられた「GTS Super 150」に、1960年代のレーシングマシンからインスパイアされた特別モデルが登場しました。

Vespa「GTS Super 150 Racing Sixties」カラー:イノチェンツァホワイト

 特別なグラフィックをまとう「Racing Sixties(レーシング・シックスティーズ)」シリーズは、1960年代のジェントルマンライダーレースからインスピレーションを得ています。

 グリーンの車体にイエローのライン、ホワイトの車体にレッドのラインという2パターンのグラフィックに加え、専用の新型シート、1960年代のスポーツカーを彷彿させるゴールドメタリック仕上げのホイール、マットブラックのディテールなど、“スピード”や“勝利”がレーシングマシンやライダーの気品、優雅さと密接に結びついた時代、魅力的なレーシングシーンの世界観をオマージュしています。

「GTS Super 150」は前後ディスクブレーキを装備し、走行性能と環境性能を両立させたアイドリングストップ機能付き水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ、排気量155ccのエンジンを搭載しています。

Vespa「GTS Super 150 Racing Sixties」カラー:グリーン

 またベスパの独自性を表す、フレームとして機能するスチール製モノコックボディや、航空機を起源とする片持ち式のフロントサスペンションなども継承されています。

 ベスパ「GTS Super 150 Racing Sixties」の価格(消費税10%込み)は、いずれのグラフィックも58万3000円、2020年5月29日発売です。

【了】

【画像】Vespa「GTS Super 150 Racing Sixties」詳細(8枚)

画像ギャラリー

最新記事