オシャレな電アシ「Super 73 R-Series」登場 ハイテクでレトロな1970年代風ミニバイク

米国カリフォルニアのライフスタイル・アドベンチャーブランド「Super 73」は、新型の電動アシスト自転車「R」シリーズを発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

シンプルなスタイルの電アシ登場

 米国カリフォルニアのライフスタイル・アドベンチャーブランド「Super 73」は、新型の電動アシスト自転車「R-Series」を米国で発売しました。

米国カリフォルニアのブランド「Super 73」が発売した「Super 73 R-Series」(写真は「RX」)

 2016年に設立されたSuper 73は、モーターサイクルの伝統と若者文化を融合させた製品を開発・販売する南カリフォルニアの企業です。

 今回新たに発売されたR-Seriesは、1970年代にカリフォルニアで流行したミニバイクから発想を得たフレームを採用したS-SERIESの発展版ともいえるモデルで、前後にフルアジャスタブル・サスペンションを備えることで上質な走行性を実現。

 一般的なバイクのガソリンタンクの位置にバッテリー、リアに強力なハブモーターを採用することで、電動アシスト自転車らしからぬシンプルなスタイルとされています。

 極めてシンプルな「R」とゼッケンプレート風のライトカバーを備えた「RX」の2種類で展開されているR-Seriesの価格は2995ドル、日本円で32万円前後となっています。

【了】

【画像】「Super 73 R-Series」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事