MotoGPでライダーたちの前を走るBMW M! 2020年シーズンはM8コンペティション・クーペを投入

MotoGPを観戦するとレース前や黄旗などコース上を走る車が気になります。1999年以来ロードレースの最高峰クラスに登場するBMWとはどのような車なのでしょうか。2020年モデルをご紹介します。

2020年シーズンのオフィシャルカーを提供するBMW M社

 1999年以来強固なパートナーシップを組むFIMとBMW Mは、ロードレース世界選手権、MotoGPとレース開始前、常に先頭に立つセーフティーカーを提供しています。MotoGPマシンの前を走るBMW Mとは、いったいどのような車なのでしょうか。

2020年シーズンからMotoGPに登場するBMW M8 コンペティション・クーペ

 2020年は、BMW Mが「MotoGPのオフィシャルカー 」として22年目のシーズンを迎えます。1999年以来、MotoGPとBMW Mは、ハイパフォーマンス、アドレナリン、モータースポーツの遺伝子という同じ属性を共有しながら、仕事をしています。2020年シーズンからは、新型「BMW M8 コンペティション・クーペ」がサーキットデビューします。

 BMW M8 コンペティション・クーペは、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したモデルで、エンジンからデザインまで、特別なセットアップが施されています。コンペティションモデル専用に開発されたV型8気筒エンジンは、車両構造部との接続部をより強固にする専用のエンジン・マウントを採用し、より直接的な動力伝達が可能です。最高出力625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800 -5800rpmを実現し、0-100km/h加速は、3.2秒を達成しています。

 デザイン面では、ハイグロス・ブラックのキドニー・グリルとモデル・バッチ、ドア・ミラー、リア・スポイラーが装備され、アグレッシブなデザインとなっています。そして、BMW M8で初めて採用されたMモード・ボタンでは、通常モデルの「ROAD(ロード)」「SPORT(スポーツ)」に加えて、運転支援システムの快適性と安全性に関する全ての機能が無効になる「TRACK(トラック)」モードが装備されているのも特徴です。

BMW M8 コンペティション・クーペ

「BMW M8 コンペティション・クーペ」の価格は、2433万円(税込)です。

【了】

【画像】歴代のBMWセーフティーカーを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事