新東名一部区間で6車線化 下り線の約72kmと上り線の約19kmで運用開始

国土交通省とNEXCO中日本は、新東名高速道路の長泉沼津IC~藤枝岡部IC下り線と、新静岡ICから藤枝岡部IC上り線の6車線(片側3車線)運用を、7月16日10時から開始します。

6車線化が進む新東名高速

 国土交通省とNEXCO中日本は、新東名高速道路(以下:新東名)の長泉沼津IC~藤枝岡部IC下り線と、新静岡IC~藤枝岡部IC上り線の6車線(片側3車線)運用を、7月16日10時から開始します。

6車線(片側3車線)運用を開始する長泉沼津IC~藤枝岡部IC下り線と、新静岡IC~藤枝岡部IC上り線

 現在、新東名では2018年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」の中の、新東名高速道路6車線化事業の一環として、御殿場JCT~浜松いなさJCTの約145kmにかけての6車線化を進めていますが、今回開通する区間は下り線の約72kmと上り線の約19kmとなります。

 また、完成した2区間により、お盆などの交通集中時期に発生していた新東名・長泉沼津IC~新清水JCTの渋滞解消が期待されるほか、東名・富士IC~清水JCTの高波による通行止め時、東名・裾野IC~清水JCTのリニューアル工事の迂回機能が強化されたことになります。

 なお、今回の3車線化に伴いトンネル内の照明位置変更も行われましたが、今後は工事が完了した区間から順次運用を開始し、2020年度内には計画されたすべての区間で6車線運用を始める予定です。

【了】

【画像】富士山も望める「新東名高速道路」を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事