日常の足でフル稼働する原2スクーター「アドレス125」にドラレコを装着!

原2通勤快速スクーター「アドレス125」にGPS搭載前後2カメラドラレコ装着(ミツバサンコーワEDR-21GL)は前代未聞!? 稼働率高い日常の足にこそ必要性を感じる!!

バイクも装着率がクルマ並みに急増中!

 ソニー損保が2019年11月に発表した調査結果では、装着率32.1%とクルマでは普及率が上がってきたドライブレコーダー。バイクジャーナリストの青木タカオさんは、バイクにこそ必要性を感じ、日常の足としてフル稼働する原付2種スクーター「アドレス125」に装着してみました!!

原付2種スクーター「アドレス125」にドライブレコーダーを装着

 ソニー損保の調べで、ドライブレコーダーを装着するクルマが32.1%と急増していることがわかっていますが、バイクも同様に普及率が上がっているようです。オートバイ用品の小売・開発を行う「ナップス」は、125cc以上のバイクを所有し、過去1年以内にバイクを運転したことのある全国の男女630名のバイクライダーを対象に、【バイク用品】に関しての意識調査を実施。2019年12月発表の調査結果では、バイク用ドライブレコーダーの所有率は30.2%で、四輪車に近いことがわかりました。

 クルマもバイクもドラレコ装着率を上げた原因となったのが、社会問題化した「あおり運転」による事件です。道路交通法でも「あおり運転」(妨害運転)が新たに規定(令和2年3月3日閣議決定、6月30日施行)され、罰則・違反点数等は下記のとおり、より厳しいものとなっています。

■妨害運転=交通の危険を生じさせるおそれのある「あおり運転」(妨害運転)をした場合。
・3年以下の懲役または50万円以下の罰金
・違反点数25点・免許取消し(欠格期間2年 ※前歴や累積点数がある場合には最大5年)

■妨害運転(著しい交通の危険)=「あおり運転」(妨害運転)をし、高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。
・5年以下の懲役または100万円以下の罰金
・違反点数35点・免許取消し(欠格期間3年)※前歴や累積点数がある場合には最大10年

 警察庁のホームページでも次のように書かれ、ドライブレコーダーの装着を呼びかけています。
「ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう」

 バイク用ドラレコを発売するミツバサンコーワの担当者によると、「あおり運転」による被害がテレビや新聞などで報じられるようになった昨年から問い合わせが増え、販売店への供給が追いつかないほど売れているとのこと。関連する取り付けステーなども、需要があると言います。

乗る頻度の高いスクーターにこそ、万一に備えて!

 万が一の事故に遭えば、二輪車に乗るライダーが怪我を負うリスクは高く、病院へ緊急搬送されれば事故検証でも不利になりがちという話も耳にします。悪質な「あおり運転」を立証するのにも、ドラレコの映像が確固たる証拠となることから、筆者(青木タカオ)はバイクにこそドラレコが必要と感じています。

日常乗る頻度が高いスクーターにこそドラレコを装着

 しかし、ユーザーのほとんどは中~大型車で、小排気量車に取り付ける人はまだ少ないのが現実のようです。そこで、原付2種スクーター「アドレス125」に装着してみました。通勤や買物など日常の足に使い、乗る頻度の高いスクーターにこそ、万一に備えてドラレコが必要と考えたのです。

 まず装着を検討したのが、筆者も1200ccのバイクに取り付けて性能に満足しているミツバサンコーワのGPS搭載前後2カメラモデル『EDR-21G』(38,280円 税込)です。SONY CMOS センサー内臓のカメラがFULL HD200万画素の鮮明な映像を撮影し、対角162度という広い視野角で録画。さらに明暗に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)が搭載され、白とびや黒つぶれを抑え、逆光、夜間、トンネルなどあらゆる条件下でも映像がくっきりキレイです。

 全国のLED信号にも対応する最強スペックの持ち主。バイク用ETC車載器を発売するメーカーが満を持してリリースしただけあって、耐震・防塵・耐候性も折り紙つきのバイク専用設計なのも信頼に値します。

筆者の愛車ハーレーダビッドソン「XR1200」にも装着

 クルマのドラレコと同じようにイグニッションに連動し、センサーが強い衝撃を受けたと判断したときは、記録データが上書きされないようロックしてくれるのも賢い。スマートフォンとWiFiで連携し、専用アプリ「Moto DR」でいつでもどこでも録画した映像を見ることができますし、PCソフト「Moto DR Player」を使えば前後カメラの映像を同時再生したり、GPSの位置情報を元にした地図表示や走行軌跡表示、緯度・経度、走行速度、加減速Gグラフなどをパソコン画面で見ることができ、ツーリング帰宅後に仲間や一人で楽しめます。

待望だったロングケーブルバージョン

 ただし、難点がひとつ。乗り降りしやすいよう足元のスペースが広く取れるアンダーボーンフレームを採用するスクーター。配線ケーブルをボディ内に収めていくと、ケーブルが足りないことがわかりました。これはハーレーのウルトラ系など大型バイクも同様で、シート下などに収めておく本体の取り付け位置が制限されてしまうなど不便が生じます。

延長ケーブルを同梱したロングケーブルバージョン『EDR-21GL』をスクーターに装着

 そこで今春新発売されたのが、延長ケーブルを同梱したロングケーブルバージョン『EDR-21GL』(39,050円 税込)です。「スクーターや大型クルーザーでも配線が足りない、短いなんてことがありません。これなら「アドレス125」も問題なしでした。

 ケーブル同士を接続するカプラーは完全自社製の専用設計で、防水性も犠牲にせず、また本体やカメラケーブルと同様に延長ケーブル内にシールド処理が施されているため、車両が発生するノイズの影響を最大限抑えています。

原2スクーターにドラレコ装着、その恩恵は!?

 クルマや1200ccの大型バイクにドラレコを付けたときにも同じ感覚を覚えましたが、カメラで前後を録画しているという安心感から心に余裕が生まれ、走りが穏やかになり安全運転に繋がるのでした。特に小排気量車は、他の交通の邪魔になるのではないかとアクセルを大きく開けて、ついつい飛ばしがちになる傾向がありましたが、ドラレコ装着後はクルマの流れに乗って、穏やかに走行できるようになったのです。

ドラレコは、カメラで前後を録画しているという安心感から心に余裕が生まれる

 バイク用の高性能ドラレコは、通勤や移動の足を交通公共機関からバイクに変更した、あるいはバイクにしたいが万が一の事故などが不安でできないと考えている人にもオススメで、きっと無事の帰宅を待つ家族にも安心感を与えられるでしょう。

【了】

【画像】原2スクーターにドラレコ装着(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

最新記事