カワサキ4気筒250cc「Ninja ZX-25R」と2気筒250cc「Ninja 250」その棲み分けは?

カワサキは新開発の4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツ「Ninja ZX-25R」をラインナップに加えました。現在、同社には2気筒250ccエンジン搭載のロードスポーツ「Ninja 250」が存在していますが、この2台のすみ分けについてカワサキはどのように考えているのでしょうか。

4気筒でもスリムなNinja ZX-25R

 カワサキは2020年9月10日に新開発の4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツ「Ninja ZX-25R」を発売します。

カワサキ「Ninja ZX-25R」と「Ninja 250」。どちらも違った個性を備えています

 現在、カワサキにはフルカウル250ccモデルの人気再燃に貢献した2気筒エンジン搭載車「Ninja 250」が存在していますが、今後、この2台はどのようにすみ分けされるのでしょうか。カワサキの担当者は次のように話します。

「現行2気筒のNinja 250は徹底的に扱いやすさ、“Ease of riding”にこだわって開発した モデルになりますが、Ninja ZX-25Rは高回転・高出力のエンジンパフォーマンスや高揚感のあるエンジンサウンドといった“Fun to Ride”がより際立つよう開発したモデルとなっており、それぞれに優れた特徴を持たせたることですみ分けをしております。

カワサキ「Ninja ZX-25R」と「Ninja 250」の出力特性の違い

 また、スタイル面においては、Ninja ZX-25Rは、ZXシリーズ直系のスーパースポーツモデルとして、より機能や性能を追求したスタイリングとしてデザインしました。

 例えば、ライダーが直線で伏せる事を前提にした、低くレイアウトされたフューエルタンクや、前方投影でライダーの輪郭に沿う様に形造られたフロントフェアリングは空気抵抗を軽減し、トップスピードに大きな 貢献をしています。

カワサキ「Ninja ZX-25R」と「Ninja 250」車体サイズなどの違いを比較。Ninja ZX-25Rのほうがハンドル位置が低く、ステップも後方へ配置されています

 サイレンサーはバンク角の確保のためショートタイプを採用、これらはレーシーな見た目にも貢献しています。他にも、ラムエアや湾曲型スイングアーム、サイドエアダクトなど、機能性を追求しながら、ディティールにも惜しみなく手 を入れています。
 
 また、4気筒エンジンがフェアリングの内側にタイトに詰まったコンパクトなスタイリングは凝縮感を演出し、よりハイクラスなスタイリングデザインに仕上がっています」。

※ ※ ※

 Ninja ZX-25R(スタンダードモデル)の価格はNinja 250よりも17万500円ほど高い82万5000円に設定されえていますが、最高出力においてはNinja ZX-25Rのほうが8PS(ラムエア加圧時は9PS)ほど高く、同等の排気量(Ninja ZX-25Rのほうが1cc大きい)でありながらさらなる出力を生み出しています。

 そのほか、Ninja ZX-25Rではサスペンションなどにおいてもかなりグレードの高いものが標準装備されているため、より本格的にスポーツ走行を楽しみたいユーザーにとってはやはりNinja ZX-25Rを選択するほうがベターでしょう。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事