ホンダ「CRF450R」「CRF450R」2021年モデル登場 モトクロス競技車両がフルモデルチェンジ

ホンダは、モトクロス競技専用車「CRF450R」とエンデューロ競技専用車「CRF450RX」の2021年モデルを受注期間限で発売します。新型モデルではエンジンやフレームなど、数多くの箇所に手が加えられているようです。

大幅な改良が加えられた2021年モデル

 ホンダは、モトクロス競技専用車「CRF450R」とエンデューロ競技専用車「CRF450RX」の2021年モデルを受注期間限定でそれぞれ2020年10月23日に発売します。

ホンダ「CRF450R」2021年モデル(左)と「CRF450R」2020年モデル(右)

 北米で先行発売されたCRF450R/CRF450RX・2021年モデルは、エンジン細部の仕様を見直し、扱いやすさを向上させるとともに、新設計のフレームなどにより軽量化を図るなど大幅な改良はほどこされた新型車です。

 エンジンにおいては排気ポートをストレート化し排気効率を上げることで、中・高回転域の出力向上を図るとともに、低回転域の扱いやすさを向上。クラッチシステムには、レースで培ったノウハウを投入した油圧クラッチを採用することで、クラッチの操作性を高めています。

 また、新設計のフレーム、スイングアームなどは、車体剛性の最適化とともに軽量化を図ることで、旋回性と安定性を高次元で両立。これまでデュアルからシングル化されたマフラーに伴い、サイドカバーなどの外装パーツを大幅にスリムにすることで、ライディング時のライダーの姿勢の自由度を大幅に向上させています。

 なお、CRF450RXはライダーの手などを飛び石や枝から保護するナックルガードの標準装備をはじめ、エンデューロモデルとしての仕様を充実させたパッケージとなっています。

 シリーズ合計110台の販売が計画されているCRF450R/CRF450RXの価格は103万4000円から、カラーリングは両車種ともにエクストリームレッドのみとなっています。

【了】

【画像】ホンダ「CRF450R」「CRF450RX」を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事