HRCは性能向上と機能充実を充実させた「CBR250RRレースベース車」を発売

HRCは、全国で開催しているHRCワンメイクレースや各種レースにも参戦可能な「CBR250RRレースベース車」を10月上旬より販売します。

HRCワンメークレース用車両発売

 ホンダ・レーシング(以下HRC)は、性能向上と機能装備を充実させた「CBR250RRレースベース車」を10月上旬より全国のHRCサービスショップに供給します。

「CBR250RRレースベース車」は、全国で開催しているHRCワンメイクレース「CBR250RR Dream Cup」や、各サーキットで開催されている250ccクラスの様々なレースに出場可能です。CBR250RRレースベース車を使用した「CBR250RR Dream Cup」は、現在単気筒のマシンで開催中の「CBR250R Dream Cup」のステップアップクラスとして開催しています。

レース車両のベースとなる公道仕様のホンダ「CBR250RR」

 ベースとなる公道仕様の「CBR250RR」は、「出力アップ」に加え「アシストスリッパークラッチ」を標準装備。さらにHRCレースベース車は、レースに不要な保安部品等を取り外し、「レース用ワイヤーハーネス」「レース用ECU」「クイックシフター」を標準装備、レースシーンでより速く快適に走る為の装備を充実させています。

 また、HRCサービスショップが独自開発したレース走行に必要なパーツ(カウル・サイレンサー・ステップ等)を組み込み、レース用コンプリート車として発売します。
※販売時期・仕様・価格は、各サービスショップで異なります。

5月下旬より販売されている「CBR250RRレースベース車」

■「CBR250RRレースベース車」販売概要

販売元:HRCサービスショップ
    ※レース走行に必要なパーツ(カウル・サイレンサー・ステップ等)を組み込み、コンプリート車として販売

発売時期:2020年10月下旬頃
小売価格:各サービスショップで異なります?
※詳細な発売時期、小売価格は、お買い求めのHRCサービスショップにお問い合わせください。

ホンダ・CBR250RR グランプリレッド(ストライプ)

 公道仕様のホンダ「CBR250RR」の価格は、グランプリレッド(ストライプ)85万4700円(税込)、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト、グランプリレッド82万1700円(税込)です。

【了】

【画像】CBR250RRレースベース・CBR250RRを画像で見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事