オフロードバイクの技術力を自転車のフレームにも!? ヤマハの新型スポーツ電アシ「YPJ-MT Pro」登場

ヤマハ発動機株式会社は、モーターサイクルなどの開発で培った知見を注入したオフロード向けスポーツ電動アシスト自転車(e-BIKE)「YPJ-MT Pro(ワイピージェイ・エムティー・プロ)」を、全国の「YPJ Pro Shop」にて2020年9月25日より発売します。

やっぱりヤマハ、モーターサイクルメーカーならではの独創性が光る

 ヤマハ発動機株式会社は、モーターサイクルなどの開発で培った知見を注入したオフロード向けスポーツ電動アシスト自転車(e-BIKE)「YPJ-MT Pro(ワイピージェイ・エムティー・プロ)」を、全国の「YPJ Pro Shop」にて2020年9月25日より発売します。

ヤマハのオフロード向けスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MT Pro」(2020年9月25日発売)

 1955年の創業以来、ヤマハはモーターサイクルの開発において人とメカニズムが織りなす一体感を追求し続け、その経験と知識を活かして新たに開発された「YPJ-MT Pro」は、YAMAHA Dual Twin Frame(ヤマハ・デュアル・ツイン・フレーム)の採用やアシストフィーリングの作り込みなど、モーターサイクルの技術が注ぎ込まれています。

「YPJ-MT Pro」は、2015年に登場したスポーツ電動アシスト自転車「YPJ」シリーズのフラッグシップモデルです。最大の特徴であるフレーム(アルミ製)はモーターサイクルで実績のあるツインチューブフレームにインスパイアされ、トップチューブを2分割し、リアサスペンションを横置レイアウトとすることでシート高、スタンドオーバーハイトともに低く抑え、低重心化や優れた足着き性に寄与しています。

 またダウンチューブはバッテリー(マルチロケーションバッテリー36V-13.1Ah/3.0kg)を2本の閉断面のチューブで挟み込むレイアウトとすることで適正なフレーム剛性の確保、ハードな路面における優れた走行安定性と旋回性能を発揮します。

 マウンテンライドに最適なROCKSHOX製フルサスペンションの採用は高い走破性、トラクション性能、ライダーの疲労軽減に寄与するなど、モーターサイクルメーカーならではの技術力と経験が活かされています。

 さらに、カラーリングはモーターサイクルレースシーンとも共通する「ブルー×シアン」のヤマハレーシングカラーを基調としています(ポディウムブルー/ニッケル)。

 ドライブユニットにはヨーロッパで多くのe-BIKEに採用されているヤマハのフラッグシップドライブユニット「PW-X2」を「YPJ」シリーズとして初採用、より高いクランク回転数(ケイデンス)に対応し、7つのアシストモード(OFF含む)が選択可能となっています。

ヤマハ「YPJ-MT Pro」主要諸元

 近年、北米や欧州において市場が拡大しているスポーツ電動アシスト自転車(e-BIKE)は、国内市場においてはも各社からモデル投入されており、健康志向、レジャー志向の高まりなどにより、市場の拡大が予想されています。

 ニューモデル「YPJ-MT Pro」の投入は、オフロード走行に興味があり、マウンテンバイクやモーターサイクルでオフロード走行の経験やスキルがあるユーザーへ向けたフラッグシップモデルとして、「YPJ」シリーズのバリエーション拡大を狙うものとしています。

 ヤマハ「YPJ-MT Pro」の価格(消費税10%込み)は66万円、販売計画台数(年間、国内)は200台です。全国の「YPJ Pro Shop」(「YPJ」シリーズの試乗車、展示車を常設し、納車からアフターサービスまで確かな技術を提供する認定店)にて発売されます。

【了】

【画像】オフロードバイクのフレームに似てる? ヤマハ「YPJ-MT Pro」詳細を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事