ダカールラリーに求められる速くてタフなマシンがモチーフ ホンダ「CRF250ラリー」ローダウン仕様はどうだ?

軽二輪のアドベンチャーモデル、ホンダ「CRF250 RALLY」の、足つき性にまったく不安のないローダウン仕様車「CRF250 RALLY Type LD」に松井勉さんが試乗します。

「ほんとに大丈夫?」驚くほど地面が近いラリーテイストマシン

 世界的なアドベンチャーバイクブームは、250クラスも賑やかにしています。ここに紹介するホンダ「CRF250 RALLY Type LD」(※ローダウン仕様車)もそんな1台で、ホンダのデュアルパーパスモデル「CRF250L」をベースに、フルフェアリングやLEDデュアルヘッドライト、容量をアップした10リットルの燃料タンクなど、その装備は長距離移動をイメージさせます。

ホンダ「CRF250 RALLY Type LD」に試乗する筆者(松井勉)

 車体のモチーフとなっているは『Team HRC』のダカールラリー用マシン「CRF450 RALLY」です。そもそもこのダカールラリーは、舗装路、オフロードを併せた長い距離、長い日程を走り抜く競技で、速くて走る場所を選ばないタフなマシンであることが要求されます。

 多くのアドベンチャーバイクがダカールラリーレプリカや、そこからインスパイアされた長距離快適性能を持っていることからもわかるように「CRF250 RALLY」もダカール直系の、250ccクラスのオン/オフツアラーだ、と言えるのです。

 たとえばフェアリングです。現在ラリーマシンは、搭載するエンジンが排気量450ccまでの単気筒という競技規則があり、当然すでに限界までパワーアップされています。

 さらに走りを求めるには、空力特性を磨くのが今のラリーではトレンドです。じつはそこに快適性を上げながら空気抵抗を抑える空力技術が注がれています。

 フェアリングのサイドパネルにある縦型の空気抜きスリットがそれで、風洞実験から生まれたデザインはまさにワークスマシン譲りと言える部分です。

ホンダ「CRF250 RALLY Type LD」

 跨がると足つき性の良さが光ります。もちろんローダウン(LD)仕様だから、ではありますが、走行を重ね、こなれたテスト車では、ライダーの体重で沈む初期ストローク量の多さも印象的です。体重84kgの私(筆者:松井勉)には「こんなに沈むの?」というレベル。

 その分、リアサスペンションは跨がった状態でバンプラバーがショックユニットにタッチする寸前。跨がったまま膝を屈伸するとためらいなくバンプラバーが当たります。

 体重64kgの編集スタッフが跨がっても結果は同様。もちろん、それがフルストロークを意味するワケではありませんが、タッチ後の減衰特性の立ち上がりは急になるはず。走り出す前にそこが少し心配でした。

 搭載されるエンジンは総排気量249ccの水冷単気筒DOHC4バルブで、ホンダの250クラスのモデルに多く使われ、熟成された完成度が感じられます。クラッチやミッションの操作性、タッチなどがスムーズです。単気筒らしい低速トルクがあり、発進もストレスがありません。低いギアでも2500rpm以上であれば、充分にスムーズかつ実用的な加速を引き出せます。

 ライダーには縦長に見えるフェアリングですが、視界の邪魔になる印象もなく、これで高速道路はダイジョウブなのだろうか……と最初は思います。しかし、高速道路でこのフェアリングに驚くことになります。私の身長(座高)でも肩下あたりまでカバーしてくれるため、100km/h移動がとても快適なのです。それでいて風圧で速度維持に苦労することもありません。

 120km/h制限でも巡航はラクラクでしょう。また、排気量250cc単気筒のデュアルパーパスとしては、153kgと軽くない車重も安定性にも寄与している様子です。これなら1日の長距離移動でも楽しいでしょう。

ホンダ「CRF250 RALLY Type LD」に試乗する筆者(松井勉)

 懸念したリアサスペンションですが、道路のつなぎ目、大型トラックが着けた大きな轍、ギャップを通り過ぎると、バンプラバーにあたるたびにお尻にドスンと突き上げが入ります。速いサスペンションストロークだと衝撃はやはり大きい印象です。

 一般道をツーリングペースで流しても、段差的ギャップなどではバチンと衝撃が来ます。反面、バイクが直立状態からコーナーに向け、次第に寝かして行き、サスペンションがゆったりストロークするような場合、このバチンをほぼ感じません。バンプラバーがゆったりと潰れることで不安がなく安心してタイヤのグリップを感じながら走るコトができました。

 ワインディングでは、持ち前の軽快感と伸びのあるエンジンの恩恵で、ロードスポーツと一緒にツーリングをしても遅れることはないでしょう。LD仕様はサスペンションストロークが短い分、こうした場面では過大なピッチングもないように思います。

 少しだけダートも走りました。座ってコントロールすると、やはりリアから底付き感が伝わりますが、スタンディングで走ると、意外と普通に乗れてしまいます。

 スムーズでわかりやすいエンジン特性の恩恵も加わり、ダート路が楽しい。ロードセクションではマイルドな効き味に思えた前後ブレーキも、ダートでは絶妙なコントロール性の良さ、ABSも無駄に介入してこない印象など、さすがオフロードマシンです。「CRF」の名は伊達ではない、と思うのでした。

ホンダ「CRF250 RALLY Type LD」に試乗する筆者(松井勉)

 足つきで選ぶ「Type LD」(ローダウン仕様)ですが、お店に標準車高モデル「CRF250 RALLY」があれば、一度跨がってみることをおすすめします。ただし、しっかり足まわりがこなれているのが条件です。

 先述したように、ライダー1名が乗った状態でかなり沈むので、スペック上のシート高よりも低く感じるハズです。オフロード走行や長距離移動が多い、というライダーなら、快適性優先という選択肢もあるのでは、と思いました。価格(消費税10%込み)はいずれも71万5000円です。

 総じて、完成度の高い素敵なバイク、どこまでも行きたくなるバイク、それが「CRF250 RALLY Type LD」を走らせた印象です。

【了】

【画像】ホンダ「CRF250 RALLY Type LD」詳細を見る(19枚)

画像ギャラリー

Writer: 松井勉

モーターサイクル関係の取材、 執筆、プロモーション映像などを中心に活動を行なう。海外のオフロードレースへの参戦や、新型車の試乗による記事、取材リポートを多数経験。バイクの楽しさを 日々伝え続けている。

最新記事