ヤマハの白バイ(警視庁)が1/12スケールモデルとなって新登場!

プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」から、1/12スケールの完成品バイク「YAMAHA FJR1300P 白バイ(警視庁)」が新登場です。

白バイ人気が後押しに? 細部にこだわり1/12スケールで商品化

 プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」の「SKYNET」ブランドから、1/12スケールの完成品バイク「YAMAHA FJR1300P 白バイ(警視庁)」が2020年9月より発売予定です。

1/12 完成品バイク「YAMAHA FJR1300P 白バイ(警視庁)」

 実車のヤマハ「FJR1300」は、日本や海外各国でも「警察車両」として採用されており、1984年の欧州モデル「FJ1100」をルーツに排気量の拡大、空冷から水冷へと「Top of sport touring」をコンセプトに熟成された「FJ1100/1200」が礎を築き、新設計の現行モデルへと至る人気のスポーツツアラーです。

 青島文化教材社では、警らや先導車として活躍し、近年採用数が増え知名度も高くなっているヤマハ車輌を採用した白バイを初めてモデル化しました。

 白バイの特徴である赤色回転灯やスピーカー、シングルシート、無線機箱、プリンター、サイドボックス等、特別装備を新規パーツにて忠実に再現し、ノーマル車と比べ少し高いハンドルや、白バイ専用のスイッチ類の形状等細かい部分の再現もこだわった商品となっています。

 また青島文化教材社の広報課は「最新の白バイが欲しいという市場の意見を多数いただき、お応えさせていただいた商品となります。白バイならではの迫力を皆様に感じていただけるように装備を多数、再現しながらも価格はできるだけ抑えるように頑張りました」と言います。

1/12 完成品バイク「YAMAHA FJR1300A マッドダークパープリッシュブルーメタリック」(2020年7月発売)

 2020年7月にはヤマハ「FJR1300A」の1/12スケール完成品バイクをリリースしており、白バイと比較すると、細部に至るまでこだわった商品化が見られます。

 専用のタンク・スクリーンロゴまで忠実に再現された白バイ(警視庁)は、ステアリング、リアサスペンションが可動し、商品には展示台も付属します。

■製品仕様
価格:3,600円(税別)
発売:2020年9月予定
ブランド:SKYNET
シリーズ:完成品バイク
スケール:1/12
サイズ:全長約180mm
本体素材:ダイキャスト、ABS
タイヤ素材:ゴム

【了】

【画像】1/12 完成品バイク「YAMAHA FJR1300P 白バイ(警視庁)」を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事