インディアンモーターサイクルがヒルクライムレースに復帰 トップライダーのジョン・”フライング”・コースターを起用

米国のバイクブランド「インディアンモーターサイクル」は、80年以上前に一世を風靡したモータースポーツであるヒルクライムレースに復帰します。レースではフラットトラックで好成績を残しているFTR750をベースにした車両が使用されるようです。

米国最古のバイクブランドがヒルクライムレースに復帰

 米国のバイクブランド「インディアンモーターサイクル」は、80年以上前に一世を風靡したモータースポーツであるヒルクライムレースに復帰します。

インディアンがヒルクライムレースに投入するFTR750レーサー

 インディアンモーターサイクルが参戦するレースは、AMA(全米モーターサイクル協会)が主催するプロ・ヒルクライム・レーシング・シリーズで、クラスはツインズクラスとなっています。

 レースで使用される車両は、フラットトラックで好成績を残してきたFTR750をベースにしたもので、スイングアームの延長、ノビータイヤの装着、デザイン変更されたリアテール、ヒルクライムレースで必要とされるクラッチ使用量の増加を考慮してアップグレードされたRekluseクラッチなどのモディファイが加えられています。

 なお、ライダーにはAMAプロヒルクライムの3つのタイトルをすべて1シーズンで獲得した初のアメリカ人レーサー、ジョン・”フライング”・コースター選手が選ばれています。

インディアンがヒルクライムレースに投入するFTR750レーサー。ライダーはアメリカ人レーサー、ジョン・”フライング”・コースター選手が選ばれています

 今回の発表に際し、”インディアンモーターサイクルのレーシング、サービス、テクノロジー担当副社長のゲイリー・グレイ氏とAMAプロヒルクライムのディレクター、ロブ・レッドマン氏は次のようにコメントしています。

■インディアンモーターサイクル ゲイリー・グレイ氏
「私たちは、競争するだけでなく、エンジニアリングやデザインチームの力量と、私たちが開発している素晴らしいモーターサイクルの能力を示す、エキサイティングでユニークな機会を常に探しています。

 私たちはヒルクライムレースのファンであるだけでなく、このスポーツにおける私たちのブランドの歴史を考えれば、何年もの時を経て戻ってくるのは当然のことでした」。

■AMAプロヒルクライムのディレクター ロブ・レッドマン氏
「新しいツインズクラスを創設した時、インディアンモーターサイクルのような大手OEMメーカーを誘致して、このユニークでチャレンジングでエキサイティングなレースに復帰させることを意図していましたが、インディアンモーターサイクルが80年以上ぶりにヒルクライムに戻ってきたことに、これ以上の興奮はありませんでした

 ヒルクライムレースに勝るものはありません。インディアンモーターサイクルのようなブランドは、より多くのファンを獲得し、この素晴らしいスポーツの成長に大きく貢献すると信じています」。

※ ※ ※

 フラットトラック、ランドスピード、MotoAmerica King of the Baggersイベントでのバガーレースなど様々なジャンルのレースに力を注いでいるインディアンモーターサイクルがどのような結果を残すのか、期待が掛かります。

【了】

【画像】インディアンモーターサイクル「FTR750」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事