その水分補給あってる? 夏場バイクに乗るなら知っておきたい効果的な熱中症対策

真夏のツーリングで気をつけたいのは熱中症です。今年もほとんど毎日熱中症警戒アラートが発表されています。熱中症対策はしているものの無意識のうちになっていた、なんて方もいるのではないでしょうか?

夏場のツーリングでは熱中症の危険が隣り合わせ

直射日光が厳しい夏場は、ライダーにとって命がけの季節です。風を浴びながら走る姿は涼しげに見える方もいるようですが、実際は背中も足も頭も体中が汗でびっしょり。ヘルメットの中では熱がこもり、走るのは楽しいけどこの暑さからは早く解放されたい!という思いに駆られる人もいるのではないでしょうか。

夏場のツーリングは熱中症と背中合わせ!

 そんな殺人的な暑さと戦うライダーが気をつけなければならないのが、熱中症です。熱中症は、高温・多湿の環境で長時間過ごすことにより、大量の発汗・塩分やナトリウムの減少で現れる不調のことを指します。

 代表的な症状は、めまい・頭痛・吐き気ですが、重症化すると痙攣や意識障害といった命に関わる危険もあります。初期症状で気づけば対処ができますが、水を多く飲んでいたから大丈夫なんて過信してしまい、見過ごしてしまうこともあるのです。

 また、室内の日光に当たらない場所にいても熱中症になる場合もあるので、直射日光に晒されるライダーは特に気をつけなければならないでしょう。

熱中症対策で忘れがちなポイントとは?

 では、具体的にどのように熱中症対策をしたら効果的なのでしょうか。ポイントとなるのは「冷却」「水分補給」「排湿」の3つです。まず「冷却」は、その言葉のまま身体を冷やすことです。

皮膚直下を流れている血管を冷やすことで体全体を冷やします

 バイクに乗る際、肌を露出したまま乗る人は安全面から見ても危険なのであまりいないかと思いますが、熱中症においても非常に危険なこととなります。直射日光の下で肌を露出すると熱を吸収しやすくなり、身体の水分量も奪われるためです。

 また、バイクウェアの上からでも長時間直射日光に晒されていれば、身体は熱を吸収していきます。そのため、冷却は熱中症対策の基本となります
 バイクに乗ったまま身体を冷却するには、保冷剤が入った冷却ベストやネッククーラーを活用します。皮膚直下を流れている血管を冷やすことで、熱が放散されるので、首の付け根や脇の下、大腿部の付け根や鼠蹊部などを積極的に冷やすことが大切です。

 冷却ベストは、1時間~3時間保つものもあるので、昼間の暑い時間帯だけ使用するなど効率よく活用しましょう。また、ネッククーラーは保冷剤を入れて冷やすタイプの他に、水に浸して冷やすタイプもあります。ペットボトルに氷水を常備し、乾いた時に水をかければ、繰り返し使うことができるのでおすすめです。

 次に「水分補給」は、ただ水を多く取るということではありません。熱を身体に吸収した場合、水分と共に塩分なども失われていきます。そのため水分補給をする際には塩分も補給することが大切です。

水分補給は、水だけでなく塩分も接種することで熱中症になるのを防ぎます

 おすすめなのは、水ではなく、食塩水もしくは麦茶です。1リットルの水・麦茶に1g~2gの食塩を入れるだけで、一度に水分と塩分を補給できて便利です。また、スポーツドリンクや経口補水液も効果的です。

 さらに、長時間のツーリングでエネルギー不足となると糖分も失われてしまいますが、水分補給の際に、糖分も一緒を取ることで水分と塩分を効率よく吸収し、疲労回復にも繋がるようです。コンビニでもよく塩飴やタブレットなどが売っているのでそういうものを使用するのも良さそうです。

 なお、水分補給は喉が渇いた時に一度で多く取るのではなく、喉が乾く前に取ることが重要です。本来であれば、10分~15分にこまめに水分補給することが望ましいようです。ツーリングの際には難しいかもしれませんが、意識的に休憩しましょう。

 最後に「排湿」は、忘れがちな熱中症対策です。熱中症といえば、暑さでなると思いがちですが、高い湿度も原因の一つとなります。暑い中、バイクに乗っていると汗で濡れたウエアやヘルメットの蒸れで湿気を溜め込んでしまいます。

汗で濡れたウエアやヘルメットの蒸れで湿気が発生し、体温が急上昇します

 そこで活躍するのが、メッシュ素材のアンダーシャツやジャケットなどの通気性の良いバイクウエアです。また、汗を素早く吸収し、外へ逃がしてくれるインナーもあるので、ぜひ活用しましょう。

 さらに、小型扇風機がウエアに装着されているものも販売されているので、より衣服の中を循環させたいという方は試してみるのもいいかもしれません。

※ ※ ※

 インドでは「BlueSnap」というフルフェイスヘルメット用のエアコンも発売されているようです。リチウムイオンバッテリーの搭載により、最大連続使用時間は10時間だとか。

 クルマのように涼しい車内で快適に過ごしたいとまでは言いませんが、ライダーにもやさしいハイテクな冷却アイテムが出されないかと、これからに期待したいところです。

【了】

【画像】効果的な熱中症対策の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事