白い姿のデザインプロトタイプ トライアンフが新型スポーツネイキッド「トライデント」を開発中

イギリスの老舗バイクメーカー「トライアンフ」は、開発中の新型スポーツネイキッド「Trident(トライデント)」のデザインプロトタイプを発表しました。日本への導入は2021年の春が予定されています。

新型は3気筒エンジン、リッター未満のシンプルなスポーツネイキッド

 トライアンフは、開発真っただ中の新型スポーツネイキッド「Trident(トライデント)」の(デザイン)プロトタイプを発表しました。日本への導入は2021年春の予定、現段階で分かっている情報をお届けしましょう。

ロンドンのデザインミュージアムで明らかになったトライアンフ新型「Trident(トライデント)」プロトタイプ

 まず気になるエンジンは、「新開発の3気筒」ということ以外に詳細は明かされていません。ただし、競合車両にはホンダ「CB650R」、カワサキ「Z650」、ヤマハ「MT-07」などが挙げられ、そのことから650cc前後の排気量であることが予想されます。

 トライアンフの現行モデルには660ccの「ストリートトリプルS」があり、少し前までは675ccのモデルも数機種ラインナップしていたことから、このあたりのエンジンをベースにしつつ、新しいパーツを投入していることがうかがえます。

 メインフレームはとてもシンプルなスチールパイプで構成されていることが分かります。そこへニーグリップしやすそうな凹みを持つ燃料タンク、丸目のヘッドライト、アップハンドルが組み合わせられ、スッキリとしたスタイルを実現しています。

 このスタイリングは、スズキの新型「KATANA」で注目を集めたイタリア人デザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏が手掛けたと発表されています。アグレッシブなKATANAとは対照的に、柔らかなボディラインが「トライデント」の特徴と言えるでしょう。

ロンドンのデザインミュージアムで明らかになったトライアンフ新型「Trident(トライデント)」プロトタイプ

 トライアンフでチーフ・プロフダクト・オフィサーを務めるスティーブ・サージェント氏は、この新型に関して次のように語ります。

「このプロトタイプは外観から走りまで、すべてに楽しみが詰め込まれたトライアンフの新たな章の始まりを示しています。

 ミニマルなフォルム、すっきりしたライン、トライアンフのデザインDNA、そしてスピードトリプルの筋肉質なスタイルを上回るというコンセプトから、これからのエキサイティングなストーリーを垣間見ることができます。

 最終的な私たちの目的は、トライアンフの代名詞とも言える扱いやすさとクオリティに加え、競争力のある価格で、新たなキャラクターとスタイルを取り入れることなのです」

 この発言の中、注目すべきは価格への言及でしょう。2020年モデルとした新たに加わった「ストリートトリプルS」は、99万9000円という極めて戦略的な価格で注目を集めていますが、トライデントのポジショニングを踏まえると、これさえも下回る可能性があることを示唆しているようにも聞こえます。

※ ※ ※

 スペックなど詳細は近日中に発表されるとのことなので、トライアンフの新型を楽しみに待ちたいと思います。

【了】

【画像】トライアンフが開発中の新型「トライデント」プロトタイプを見る(13枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事