マーベル「ブラック・ウィドウ」登場バイクのトリビュートモデル CCM「スピットファイヤー・ブラックアウトエディション」発売

イギリスのバイクブランド「CCM」は、スピットファイヤー・シリーズの特別仕様車「スピットファイヤー・ブラックアウトエディション」を発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

マーベル最新作登場バイクをオマージュ

 イギリスのバイクブランド「CCM」は、SPITFIRE(スピットファイヤー)シリーズの特別仕様車「スピットファイヤー・ブラックアウトエディション」を発売しました。

CCM「スピットファイヤー・ブラックアウトエディション」

 軽量なトレリスフレレームに最高出力55hpを発揮する排気量600ccの水冷ビッグシングルエンジンを搭載したスピットファイヤーシリーズは、STEALTH SIXやSTEALTH FOGGY、STEALTH BOBBERなど合計8種類のモデルで構成されたスポーツモデルです。

 今回あらたに発表された特別仕様車スピットファイヤー・ブラックアウトエディションは、マーベル・スタジオが製作した映画「ブラック・ウィドウ」(2020年11月6日公開予定)で使用されたバイクをオマージュしたもので、車体全体をブラック、レッド・グレーで統一。

 カーボンファイバー製ヘッドライトカウル、ブラックパウダーコーティングされたスチール製トレリスフレーム、マイクロスエード素材のダークグレーシート、スラッシュカットのハイマウントエキゾーストなどを採用し、スタイリッシュな装いとされています。

 車重139kgと軽量な車体に仕上げられたスピットファイヤー・ブラックアウトエディションの価格は8995ポンド、日本円で約125万円前後となっています。

【了】

【画像】CCM「スピットファイヤー・ブラックアウトエディション」を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事