身長155cmバイク女子、夜道雪のチャレンジバイク道! ヤマハの最上級スポーツモデルYZF-R1M ABSに挑戦!! 第一印象&足つき編

人気YouTuberで声優、モデルなどマルチで活躍する夜道雪さんが、ヤマハのスーパースポーツモデルのスペシャルバージョンYZF-R1M ABSを初体験。スタイルや足つき、取り回しなどをチェックしてみました!!

サーキットでの走破性を追求したヤマハのフラッグシップ

 タレントの夜道雪さんは、身長155cmと小柄ながらも大型二輪免許を所有するバイク好き。今回はサーキットでの走行性能を追求したヤマハのフラッグシップモデルのスペシャルバージョンYZF-R1M ABSに挑戦です!

ヤマハのフラッグシップモデルのスペシャルバージョンYZF-R1M ABSを徹底チェックします

 YZF-R1は1998年の誕生からスーパースポーツシーン牽引してきたヤマハのフラッグシップモデル。MotoGPマシンYZR-M1から技術やデザイン、そしてスピリッツがフィードバックされています。

 クロスプレーン型クランクシャフトを採用した排気量997ccの水冷4ストロークDOHC直列4気筒4バルブエンジンを搭載。トルクの変動が少なく、スロットル操作に対してリニアなトラクション感を得られるのが特徴で、最高出力は200馬力/13,500rpm、最大トルクは113Nm/11,500rpmを発揮します。

サーキッットでの高い走行性能を追求し開発されたYZF-R1M

 最新モデルではユーロ5排出ガス規制に対応しつつ、サーキットでの高い走行性能を追求。スペシャルバージョンとなるYZF-R1Mでは、オーリンズ社製電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウルが採用されています。

 プライベートでは、大型ロードスポーツを所有しているという夜道さん。スーパースポーツにはあまり乗り慣れていないそうですが、とても興味のあるカテゴリーなんだとか。そこで見た目の印象や扱いやすさ、足つき性など、気になるところをチェックしてもらいました!

洗練されたシンプルさから醸し出されるオーラに圧倒!

 どうも夜道雪です! 今回紹介させていただくYZF-R1M ABSはシンプルかつ洗練されているという感じです。醸し出されるオーラがすごいです!

レースの世界から舞い降りてきたYZF-R1M ABSはタダものでないオーラを醸し出しています

 カーボン素材のカウリングをあしらったブルーイッシュホワイトメタリック2のカラーリングは落ち着いた色合いで、とても大人っぽくて素敵です。もし所有するとなればもう少し派手なデザインの方が私は好きです。でも、このシンプルさが国産4メーカーのSSモデルの中でも逆に目立っているんじゃないかなって思います。

 スイングアームに「R1」というロゴを発見! 控えめですが、見つけたら「おっ!」と心を引かれてしまいます。こういう見えにくいトコロもこだわって作り込んでいるのがヤマハの魅力なんだなと思いました。

カーボン素材をふんだんに使用したカウルはSS感があってカッコイイ!

 カーボン素材のカウルも高級感もあるし、SS感があってカッコイイ! シートまわりのデザインもスマートでお気に入りです。みんなが想像する「スーパースポーツ」ってこういうのじゃないかなって思います。

【画像】夜道雪さんがヤマハの最上級スポーツモデルに試乗しました♪(9枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事