ホンダ「ハイネスCB350」誕生 伝統ある「CB」の名を関した新型車

ホンダは350ccの空冷シングルエンジンを搭載した新型モデル「ハイネスCB350」をオンラインで発表しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

クラシカルかつシンプルな新型車

 ホンダは350ccの空冷シングルエンジンを搭載した新型モデル「Highness(ハイネス)CB350」をオンライン(インド)で発表しました。

オンラインで公開されたホンダの新型車「Highness(ハイネス)CB350」

 扱いやすい特性のシングルエンジンを搭載したハイネスCB350は、ゆとりのある乗車姿勢、扱いやすいサイズ感とされたシンプルなネイキッドモデルです。

 丸みのある燃料タンクやクロームメッキの前後フェンダー、リバースコーン型のサイレンサーなどを備えることでクラシカルな外観とされたハイネスCB350では、その見た目とは裏腹にホンダ・セレクタブル・トルク・コントロールやABS、スマートフォンとバイクを接続する「Honda SMARTPHONE VOICE CONTROL SYSTEM(ホンダ・スマートフォン・ヴォイス・コントロール・システム)」、バッテリーモニターなど最新の電子デバイスを採用。

 オンラインの発表では単色やツートンなど、全6色のボディカラーが公開されました。

 なお、ホンダの広報担当によると「ハイネスCB350の日本市場への導入については現状、未定ですが、インドを皮切りに世界各地の市場へ導入が進められるようです」と話します。

 日本市場でも人気の高い250ccクラスと同等車格とされたハイネスCB350。今後どのような展開を見せてくれるのか、期待が高まります。

【了】

【画像】ホンダ「Highness(ハイネス)CB350」の画像を見る(19枚)

画像ギャラリー

最新記事