マクドナルドが電動バイク「AAカーゴ」正式採用 年内に約120店舗・約320台へ拡大予定

マクドナルドは同社が展開する「マックデリバリーサービス」の宅配車としてaidea製の電動3輪バイク「AAカーゴ」を正式採用しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ついに本格導入! 10月中に約100台を導入

 aidea (アイディア)株式会社は、日本マクドナルド株式会社と、「マックデリバリーサービス」の電動3輪バイクとして、「アイディア AAカーゴ」の本格導入に関する契約を締結しました。

マクドナルドが本格導入するアイディア「AAカーゴ」マックデリバリーサービス仕様

 マクドナルドの“いつものおいしさ”をご自宅やオフィスにマクドナルドのクルーがお届けする、マクドナルド独自の宅配サービス「マックデリバリーサービス」は、2010年に導入して以来、対象エリアを広げ、現在では1都1道2府30県、600店舗(10月5日時点)で展開されています。

 マクドナルドは、2020年5月より神奈川県で、7月より東京都で、それぞれ一部店舗にてマックデリバリーサービスの車両としてAAカーゴをテスト導入してきましたが、走行性能や安全性の検証を経て本格導入に踏み切っています。

 EVの国際規格であるJ1772ソケットを採用したAAカーゴは、全国約15,000カ所にある四輪車用200V普通充電器が使用可能で、200Vコンセントを設置すれば、わずか約3時間(104円)で満充電可能。一回の充電で最大98km(30km/h定地走行テスト値)の走行を実現しています。

マクドナルドが本格導入するアイディア「AAカーゴ」

 なお、マクドナルドが導するAAカーゴと、従来のガソリンエンジン車の1Lあたりのコストは以下の通りです。

■エネルギーの売価
ガソリンエンジン車:1L=130円
AAカーゴ:電気1kWh=26円

■燃費・電費
ガソリンエンジン車:30km/L
AAカーゴ:30km/1kWh

■走行1kmあたりのコスト
ガソリンエンジン車:130÷30=4.3円
AAカーゴ:26÷20=1.3円

※ ※ ※

 マクドナルドによると2020年10月中に44店舗で約100台を導入し、年内には約120店舗・約320台へと拡大予定されているといいますが、電動化が遅れととっている日本のバイク市場にこうした大企業の取り組みがどのような影響を与えるのか注目したいところです。

【了】

【画像】マクドナルドが導入したアイディア「AAカーゴ」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事