2021年シーズンMotoGPは、通常通りの日程で開催する意向と表明!

MotoGPを統括するドルナスポーツの最高責任者カルメロ・エスペレータ氏は、2021年シーズンについて例年通りのスケジュールで開催するとインタビューに対して回答しました。来年は3月のカタールGPから11月のバレンシアGPで調整されています。

2021年シーズンは通常開始で調整!

 MotoGPを統括するドルナスポーツの最高責任者カルメロ・エスペレータ氏は、MotoGP第10戦フランスGP2日目にフランスメディアのインタビューに答え、2021年のMotoGPの開催について通常通りの日程で開催する意向を明かしました。

MotoGP第10戦フランスGP

 カルメロ・エスペレータ氏は、「パンデミックが発生した際にフランスGPのクロード・ミシー代表と協議を始め、大変困難な状況にも関わらず、10月にフランスGPを開催する意向を見出しました。我々は、ル・マンで開催できることを大変嬉しく思います。2020年の開催日程において重要な時期であり、フランスは常にチャンピオンシップを開催しています。今季は全てのファンがサーキットに来場することはできませんでしたが、我々にとって最も重要なことは、フランスで開催できることです」と、フランスGP開催について感謝の気持ちをメディアに述べています。

 2021年シーズン開催については、「2021年のMotoGPは、通常日程でチャンピオンシップを開催することです。3月のカタールGPで始まり、11月にバレンシアでシーズンが終わります。

 まだ、複数の可能性がありますが最も重要なことは、このパンデミックにも関わらず欧州でMotoGPを開催し、パドックは安全であることを証明したことです。来シーズンは、ほぼ全ての開催日程が決まっていますが、F1との同日開催を回避するために意見交換を現在継続していることから、まだ来季の開催日程を発表していませんが、2020年のMotoGPは8か月間の開催となります」

※ ※ ※

 MotoGPを通常日程に戻すためには、現在F1世界選手権とサーキット仕様を含め開催日程を調整中とのことです。

【了】

【画像】MotoGP第10戦『フランスGP』を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事