ホントにカブ!? ハンターカブは高い実用性を誇る新しいオフロードモデル

ホンダが2020年6月26日に発売した、「スーパーカブC125」をベースとした原付二種モデル、「CT125ハンターカブ」に試乗しました。

実用性と遊び心を兼ね備えた125㏄モデル

 カブといえば、私(先川知香)が産まれるずっと前に登場し、新聞屋さんや老舗のお蕎麦屋さんなどが配達に使っている、ギア付きの原付とスクーターの中間のような存在で、カッコいいとかオシャレとか、そういう見た目の話は二の次。利便性と耐久性が究極に追求された、仕事用の2輪車です。数年前までは、そういう存在だったはずでした。

カブの最新進化形、CT125 ハンターカブに試乗します

 それが、いつの間にかどんどんカラフルでオシャレな乗り物に進化して、今ではハンターカブやクロスカブなどの派生車種をラインナップ。配達用のバイクから、趣味性の高い乗り物へと変わりつつあります。

 そんな、カブの最新の進化形ともいえる、ハンターカブに試乗しました。

 ハンターカブはスーパーカブC125をベースにエンジンはそのままで、フレームをオフロード用に再設計。トップブリッジ方式のステム周りが採用されたり、最低地上高が高くなっていたりと、様々な部分が強化された悪路仕様となっているのが特徴です。

 ここまで大きくデザインや仕様、フレーム形状までが変えられていて、なぜ「カブ」を名乗っているのか、少し不思議ではありますが、頑丈なスチール製の大型リアキャリアやカブ特有の自動遠心クラッチ付きロータリー式マニュアルトランスミッションなどにより、その面影をかすかに感じる事ができます。というように、私の第一印象は、カブとはまったく違う、別の乗り物でした。

走るほどに悪路での走行性能に期待が持てます

 しかし、いざ乗ってみると、取り回しの良さや、気軽に乗れる感覚は、やっぱりカブです。といっても、少し上げられた車高やオフロード用に設定されたサスペンションなど、足回りのセッティングやブロックタイヤの接地感などにより、舗装されたアスファルトの上では少し不安定な感覚で、走れば走るほど悪路での走破性の高さへの期待感がこみ上げてきます。

 以前、同じくカブのオフロード系派生車種であるクロスカブでダートを走ったことがあり、その走破性の高さに感動しましたが、ハンターカブはそれ以上!さらなる、悪路走破性へのポテンシャルを感じることができました。

「これは、公道試乗じゃ、もったいない。」それが、ハンターカブに初めて乗った私の感想です。

【画像】生まれ変わった新型ハンターカブの詳細を見る(9枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事