ZONTES「ZT125-G1」 原付二種らしからなる雰囲気のネオレトロモデル

欧州市場で支持されている中国のバイクブランド「ZONTES(ゾンテス)」は原付二種クラスのネイキッドモデル「ZT125-G1」2021年モデルを発表しました。どのような車両なのでしょうか。

モダンなデザインが与えられたZONTES「ZT125-G1」

 欧州市場で支持されている中国のバイクブランド「ZONTES(ゾンテス)」は原付二種クラスのネイキッドモデル「ZT125-G1」2021年モデルを発表しました。

中国のバイクブランド「ZONTES」の原付二種モデル「ZT125-G1」

 特徴的なトラス型のスイングアームを備えたZT125-G1は、ホンダの新世代CBシリーズに見られるような台形シルエットが与えられたネオレトロなモデルです。

 最高出力15PSを発揮する排気量125ccの水冷単気筒エンジンを搭載するZT125-G1は、ボッシュ製インジェクションを採用することでヨーロッパの排ガス規制であるユーロ5にも対応。6速ミッションを採用しスポーティな走りを実現しています。

 その他、ZT125-G1ではエンジンガードなどのバイクを保護するパーツをデザインに落とし込むことで、個性的な雰囲気が演出されています。

 なお、ZONTES製のモデルは、2019年にバイクパーツなどを販売するカスタムジャパンがサブスクリプションサービス用の車両として導入していましたが、現在は取り扱いを終了しています。

【了】

【画像】モダンなネイキッドZONTES「ZT125-G1」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事