トライアンフから3気筒エンジン搭載の新型ネイキッド「トライデント660」登場!! 日本上陸は2021年1月予定

イギリスの老舗バイクメーカー「トライアンフ」から、軽量コンパクトなネイキッド「トライデント660」が発表されました。日本での発売は2021年1月23日(土)予定、97万9000円という魅力的な価格が話題になっています。

オーソドックスなスタイリングに3気筒エンジンのパフォーマンス

 トライアンフから、軽量コンパクトなネイキッド「TRIDENT 660(トライデント660)」が発表されました。日本での発売は2021年1月23日(土)が予定され、97万9000円という魅力的な価格が話題になっています。

トライアンフ新型「TRIDENT 660」

 シンプルなスチールパイプフレームに搭載されているのは、排気量660ccの水冷並列3気筒エンジンです。最高出力は81ps/10250rpmと必要充分なもので、64Nmの最大トルクを6250rpmで発揮します。

 このエンジンの強みは、3000rpmを少し超えた段階で最大トルクの90%に到達し、それが広範囲に渡って持続するところにあります。街中の渋滞やタイトなワインディングでも気を使うことなく扱える、力強い特性が与えられているのは間違いないでしょう。

 97万9000円の車体価格は、ホンダ「CB650R」とまったく同じです。こちらのエンジンは4気筒で、最高出力は95ps/12000rpmを公称しているわけですが、だからと言って「なんだ、やっぱり割高じゃないか」と思ってはいけません。

 なぜなら、トライデント660は装備がかなり充実しているのです。例えば電子デバイスがそのひとつで、オンとオフの選択ができるトラクションコントロールのほか、スロットルレスポンスが変化するライディングモードを装備。これには「ロード」と「レイン」の2パターンがあり、キビキビと走りたい時は「ロード」、滑りやすい路面や穏やかに走りたい時は「レイン」といった具合に、スイッチひとつで切り換えられる便利な機能です。

トライアンフ新型「TRIDENT 660」

 また、メーターにはカラーTFTディスプレイが採用され、高い視認性と上質さに貢献。これに「My Triumphコネクティビティシステム」を繋げれば、通話や音楽の再生、ナビゲーションの表示、GoProの操作が可能になるなど、その利便性はライバルを大きく上回っているのです。

 足まわりに目を移すと、フロントにショーワのφ41mm倒立フォーク、リアにもショーワのモノショックを装備。軽量なアルミ鋳造ホイールにはミシュランのスポーツラジアルタイヤ「ロード5」が装着されています。

 車体の重さ、装備重量は189kgです。同じカテゴリーの国産モデルを引き合いに出すと次の通り。

■ホンダ「CB650R」 202kg(直列4気筒エンジン)
■ヤマハ「MT-07」 183kg(直列2気筒エンジン)
■スズキ「SV650」 197kg(V型2気筒エンジン)
■カワサキ「Z650」 189kg(並列2気筒エンジン)

 3気筒エンジンながら2気筒エンジン搭載車、MT-07に次いでZ650と同じ数値ですから、これは軽量な車体と言えます。ちなみにシート高は805mm、燃料タンク容量は14リットルです。

 デザインはご覧の通り、オーソドックスなネイキッドに仕立てられ、同社のストリートファイター「ストリートトリプル」シリーズとの差別化が図られています。その佇まいには威圧感がなく、ライダーのどんなファッションでも似合うのではないでしょうか。

 そこに個性を加えたくなった時には、数々の純正アクセサリーがフォロー。スクリーン、グリップヒーター、プロテクター、クイックシフター、バッグ……といったアイテムが、現時点で45種類も用意されているとのことなので、楽しみが広がります。

 ビッグバイクビギナーにとって優しく、ベテランも満足させるパフォーマンスを持つ「トライデント660」は、トライアンフのさらなる躍進を支える起爆剤になりそうです。

【了】

【画像】トライアンフ新型「トライデント660」を見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事