原付二種の電動キックボード「ZERO10X」 2021年1月より販売開始

シンガポールのFalcon社と提携するSWALLOW合同会社は、日本仕様に改造された原付二種区分(51cc以上125cc以下)として登録することで行動走行可能な電動キックボードZERO10Xを販売します。どのような特徴があるのでしょうか。

原付キックボード「ZERO9」に続く原付二種モデル

 シンガポールのFalcon社と提携するSWALLOW合同会社は、日本仕様に改造された原付二種区分(51cc以上125cc以下)として登録することで行動走行可能な電動キックボード「ZERO10X」を2021年1月に販売します(※乗車時はフルフェイスヘルメットの着用を推奨)。

シンガポールのFalcon社の原付二種電動キックボード「ZERO10X」

 Falcon PEVが製造するZERO10Xは、原付きとして登録可能な「ZERO9」に続く機種として開発されたモデルで、最高速60km/h、航続距離60kmを発揮する折りたたみ式の電動モデルです。

 バイクのスイングアームのような機構にスプリング式の前後サスペンションを備えることで悪路での走破性を高めたZERO10Xは、前後に10インチのホイールを採用。ZERO9よりも上質な走りを目指し開発されていること分かります。

 SWALLOW合同会社は2019年11月にZERO9の予約を開始し、日本の公道で電動キックボードの走行を実現しましたが、原付二種となるZERO10Xではより速いスピード域での走行が可能になるため、交通の波に乗りやすいというメリットもある反面、2輪である以上、安全な装備を身に着ける必要もあるでしょう。

■ZERO10X
(仕様は開発時のもので予告なく変更する場合アリ)
価格未定
バッテリー:48V 23Ah
ホイール径:10インチ
タイヤ 前後輪:ニューマティック(空気タイヤ)
ブレーキ:前後ディスクブレーキ
航続距離:~60km
最大負荷 120kg
トップスピード:60km/h
重量:35Kg
サスペンション:前輪:スプリング 後輪:スプリング
ライト:前面:LED(3個) 後方:LED(3個)
コントローラー:25A
出力 1000W(500W×2 デュアルモーター)
サイズ(折りたたみ時):長さ1230×幅320×高さ500mm

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事