KTMの最小アドベンチャーモデル 新型「250アドベンチャー」日本上陸 2020年12月発売

KTMジャパンは、すでに海外でリリースされているトラベルエンデューロセグメントの最小排気量モデル「250 ADVENTURE(250アドベンチャー)」を、2020年12月より日本でも発売することを発表しました。

KTMから250ccクラスのアドベンチャーモデル上陸

 KTMジャパンは、すでに海外でリリースされているトラベルエンデューロセグメントの最小排気量モデル「250 ADVENTURE(250アドベンチャー)」を、2020年12月より日本でも発売することを発表しました。価格(消費税10%込み)は67万9000円です。

KTMの新型アドベンチャーモデル「250 ADVENTURE」(オプション装着車)

 排気量248.8ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する「250アドベンチャー」は、2020年4月に発売された「390アドベンチャー」(価格75万9000円)の兄弟モデルとなり、軽量なスチール製トレリスフレーム、フロント19/リア17インチサイズのキャストホイール、前後WP製サスペンション、855mmのシート高、容量約14.5リットルの燃料タンクなど、車体構成や装備はほぼ同様です。

 KTMアドベンチャーワールドへのエントリーモデルとして登場した「250アドベンチャー」は、最高出力22kW(30PS)、最大トルク24Nmを発揮し、軽量な車体や機敏な走行性能は、大排気量のKTM ADVENTUREシリーズのクラフトマンシップやエンジニアリング、ダカールラリーで培ってきた伝統がフィードバックされています。

 カラーバリエーションは「オレンジ」と「ブラック」の2パターン、生産国はインドです。日本では車検の必要が無い排気量区分となり、KTMトラベルエンデューロの世界をより体験しやすくするモデルと言えるでしょう。

【了】

【画像】KTM「250アドベンチャー」を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事