カワサキ「Ninja ZX-10R」2021年モデル公開 世界限定500台の「RR」も同時発表

カワサキはスーパーバイク世界選手権でも活躍するスーパースポーツのフラッグシップモデル「Ninja ZX-10RR」及び「Ninja ZX-10R」の2021年モデルを公開しました。どのように進化したのでしょうか。

更に進化したカワサキの最高峰スーパースポーツ

 カワサキはスーパーバイク世界選手権でも活躍するスーパースポーツのフラッグシップモデル「Ninja ZX-10RR」及び「Ninja ZX-10R」の2021年モデルを公開しました。

カワサキ「Ninja ZX-10R」

 カワサキのNinja ZX-10Rシリーズは、スーパーバイク世界選手権において6連覇を達成するなど、サーキット走行においても高い走行性能を発揮する最高峰のスーパースポーツモデルです。

 最新型となる2021年モデルでは、改善されたエンジンとシャシー、優れた空力性能を実現するウイングレット一体のフェアリングなどの採用により走行性能を向上させています。

 また、最新モデルでは次世代の「Ninja」スタイリングの採用やライディングポジションの変更のほか、スーパーバイク世界選手権で培った技術をフィードバックしたサスペンション、路面にパワーを適切に伝えるトラクションコントロールやエンジンブレーキコントロール、クイックシフター、クルーズコントロールなどの様々な電子制御も搭載。より安全に高性能を楽しめる仕様とされています。

カワサキ「Ninja ZX-10RR」

 なお、世界限定500台のみが販売されるNinja ZX-10RRでは、エンジンとシャシーの改造、チタンコンロッドや軽量ピストンの採用に伴う高レブリミット化、マルケジーニ製の鍛造ホイールを装備することで、さらに高い性能が与えられています。
 
 現状、カワサキの広報担当によるとNinja ZX-10Rの 最新モデルは2021年春頃に導入予定とのことですが、価格等については未定となっています。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-10R」の画像を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事