カワサキ新型「Ninja ZX-10RR」の実力や如何に!? 絶対王者J・レイも好感触?

カワサキ・レーシング・チームは、モーターランド・アラゴンで新型「Ninja ZX-10RR」のスーパーバイク仕様車のテストを行いました。2020年シーズンを制し6連覇を達成したジョナサン・レイ選手とチームメイトであるアレックス・ロウズ選手はどのような印象を抱いたのでしょうか。

6連覇を達成したJ・レイ選手も好感触

 カワサキ・レーシング・チームは、モーターランド・アラゴンで新型「Ninja ZX-10RR」のスーパーバイク仕様車のテストを行いました。

カワサキ新型「Ninja ZX-10RR」スーパーバイク仕様車

 2020年11月に公開され、2021年春頃に日本へ導入される予定の新型「Ninja ZX-10R」の上位機種にあたる「Ninja ZX-10RR」は、チタンコンロッドや軽量ピストンの採用に伴うエンジンの高レブリミット化など、より高い性能を得るために改良が加えられています。

 また、新型Ninja ZX-10RRの大胆なスタイリングは、空力性能を重視したもので、フロントのダウンフォースを最大17%向上させるウイングレットを内蔵。テール部に設けられた通気孔は、ライダーの後方に低圧ゾーンを形成し、高回転エンジンとの相乗効果でトップエンド性能の向上にしています。

 テストを終え、J・レイ選手、A・ロウズ選手は新型Ninja ZX-10Rについて次のようにコメントしています。

■ジョナサン・レイ選手

2020年シーズンを制覇し6連覇を達成したジョナサン・レイ選手

「モーターランドは、今シーズンは速く走れていたので、テストするには最適なサーキットでした。先週のヘレスでのシェイクダウンを経て、2021年型Ninja ZX-10RRへの作業を続けていきました。

 まだ日が浅いですが、このマシンが非常に良いポテンシャルを持っていることは明らかで、今後もエンジンの特性を理解するための作業を続けていきます。長い休み前の最後のテストなので、良い仕事をして良いフィードバックを得ることが重要でした」。

■アレックス・ロウズ選手

アレックス・ロウズ選手

「もちろん、2021年のマシンで仕事に戻れることに興奮しています。この冬を乗り切らなければならないことがたくさんあるので、今週中にすべての作業を終わらせることはできないと思いますが、私にとって重要なことは、2021年のバイクの開発に戻ることです。

 でも、僕にとって重要なのは、ヘレスで行ったのと同じようなテストを繰り返して、特性の異なるコースでポジティブなフィードバックを確認し、新しいマシンをもっと探求する絶好の機会でもありました」。

※ ※ ※

 輝かしい成績をのこしてきたNinja ZX-10RRの新型モデルが2021年シーズンどのような記録を残すのか期待したいところです。

【了】

【画像】カワサキ新型「Ninja ZX-10RR」の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事