ホンダ新型「スクーピー」発売 累計販売台数240万台を達成した原二スクーターがモデルチェンジ

A.P.ホンダ(タイ・ホンダ)は、多くユーザーから高い支持を受けている原付二種スクーター「Scoopy(スクーピー)」の新型モデルをタイ市場で発売しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

若者に人気のスクーピーがモデルチェンジ

 A.P.ホンダ(タイ・ホンダ)は、多くユーザーから高い支持を受けている原付二種スクーター「Scoopy(スクーピー)」の新型モデルをタイ市場で発売しました。

ホンダ新型「スクーピー」Club12

 55.6km/Lという優れた燃費を実現した排気量110ccの新世代eSPエンジン(enhanced“強化された、価値を高める” Smart“洗練された、精密で高感度な” Power“動力、エンジン”)を搭載するスクーピーは、発売以来、累計販売台数240万台を達成した人気のスクーターモデルです。

 クルマと同じパターンのスタンピングを採用することで強度や耐久性を高めたうえで5kgの軽量化を実現した新型スクーピーでは、ツインスポーク・デザインの12インチ合金ホイールを採用。

 視認性に優れた新型LEDヘッドライトやポップな外装色の採用でモダンなイメージに拍車をかけています。

 新型スクーピーの発売に際し、A.P.ホンダの木村滋利社長は次のようにコメントしています。

「ホンダのスクーピーは、タイの二輪車業界をAT車の時代に変えたモデルで、スタイリッシュな車を愛するタイのティーンエイジャーから今なお人気を博しています。

 今日、ホンダは”Fun District, fun … to the end of the way“をコンセプトにした新型スクーピーでファッション業界を再定義する準備ができています。

ホンダ新型「スクーピー」Urban

 また、新型スクーピーでは左右非対称カラーのClub12、エレガントなデザインのPrestige、カラフルなデザインのUrbanの3つのスタイルを用意しています。

ホンダ新型「スクーピー」Prestige

 また、よりスピーディな走りに対応するため、フレームは車と同じ製造技術を用いて再開発。その結果、5kgの軽量化を実現し、より俊敏な走りを実現しています」。

※ ※ ※

 Honda SMARTキーや回転式フック、スマートフォンの充電にも最適なUSBソケットなどを備えた新型スクーピーは、現地価格4万9100バーツ(日本円で約16万9000円)となっています。

【了】

【画像】ホンダ新型「スクーピー」の画像を見る(18枚)

画像ギャラリー

最新記事