ホンダ「CB650R」新型登場 カラーリングやシートカウルの外観デザインなどを変更

ホンダは新世代CBシリーズのミドルクラスモデル「CB650R」の新型モデルを発売します。どのような進化を遂げたのでしょうか。

熟成を重ねる新世代CBシリーズ

 ホンダは新世代CBシリーズのミドルクラスモデル「CB650R」の新型モデルを2021年1月28日に発売します。

ホンダ「CB650R」2021年モデル

 扱いやすい車体に低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できる排気量648ccの水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載するCB650Rは、ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する、アシストスリッパークラッチやHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用したロードスポーツモデルです。

 新型モデルでは、シートカウルとリアフェンダーを、よりエッジの利いた形状に変更し、シャープで躍動感のあるスタイリングに変更。併せて優れた路面追従性と軽量化を両立させたSHOWA(ショーワ)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を新たに採用した上で、ハンドルの切れ角を増加させ取り回し性を向上させています。

ホンダ「CB650R」従来モデル

 また、車体色は「マットバリスティックブラックメタリック」、「キャンディークロモスフィアレッド」、「マットジーンズブルーメタリック」の計3色を設定。フロントフェンダーを燃料タンクと同色にするなど、コンパクトでありながらダイナミックなスタイリングをより際立たせた配色となっています。

 そのほか、文字サイズを拡大させるとともにバックライトの照射角度を変更し視認性をより高めたメーターなどを採用したCB650Rの価格(消費税込)は97万9000円となっています。

【了】

【画像】ホンダ「CB650R」2021年モデルを見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事