ヤマハ「XMAX 125」登場 新型エンジン搭載で燃費を向上した原付二種スクーター

ヤマハ・ヨーロッパは原付二種クラスのスクーターモデル「XMAX 125」を欧州市場で発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

250ccモデルと同等の車格を備えた原付二種スクーター

 ヤマハ・ヨーロッパは原付二種クラスのスクーターモデル「XMAX(エックスマックス)125」を欧州市場で発表しました。

ヤマハ「XMAX 125」

 ヤマハのスポーツスクーターブランド「MAX」シリーズの一つとしてラインナップされているXMAXは、専用のデュアルLEDヘッドライトとダイナミックなデザインを備えたプレミアムスクーターです。

 新型として登場したXMAX 125では、日本国内で販売されている250ccモデルと同等のボディサイズ(全長/全幅/全高:2185mm/775mm/1415mm)にEURO5対応の新型124ccブルーコアエンジンを搭載したモデルで、新開発の可変バルブアクチュエーション(VVA)システムにより、鋭い加速を実現しています。

ヤマハ「XMAX 125」

 スマートキーにうよるキーレスイグニッショやフルフェイスヘルメット2個が収まる照明付き大容量シート下スペース、スマートフォンなどの充電も可能な12V電源など利便性に優れたXMAX 125ではトラクションコントロールとABSを標準装備。安全性も強化されています。

 現在、ヤマハは日本市場においてトリシティ125、NMAX、シグナスX、アクシスZなどの原付二種モデルをラインアップしていますが、近年需要の高まる原付二種モデルだけに国内市場への導入に期待したいところです。

【了】

【画像】ヤマハの原付二種スクーター「XMAX 125」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事