ヤマハ「YZF-R3」「YZF-R25」が新しいカラーリングに 2021年モデルは印象をガラリと変えた「シアン」が際立つ

ヤマハは、排気量400cc未満のスーパースポーツモデル「YZF-R3 ABS」および「YZF-R25 ABS」の2機種を、カラーリングを変更し、2021年モデルとして2021年1月15日に発売します。

よりスポーティな印象となった2機種、見た目の違いはグラフィックと……

 ヤマハは、排気量400cc未満のスーパースポーツモデル「YZF-R3 ABS」および「YZF-R25 ABS」の2機種を、カラーリングを変更し、2021年モデルとして2021年1月15日に発売します。

ヤマハ「YZF-R25 ABS」(2021年型)新色:シアン

 水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する2機種は、「YZF-R3 ABS」が排気量320cc、「YZF-R25 ABS」が排気量249ccとなっており、ヤマハのMotoGPマシン「YZR-M1」、そしてスーパースポーツ「YZF-R1」の流れを汲むデザインを共通としながら、排気量違いでラインナップするフルカウルモデルです。

「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、高次元な走行性能とスタイリング、さらに日常での扱いやすさも兼ね備えており、登場以来10代、20代の若年層を中心に支持されています。

 カラーバリエーションは、いずれのモデルも新色の「シアン」、「マットダークグレー」に加え、継続色の「ブルー」の3パターンとなります。

 従来のカラーリングから大きく印象を変えてきた新色の「シアン」は、スポーツアイテムのトレンドカラーを取り入れ、ホイールやグラフィックにはビビッドなバーミリオンを採用することで新たなスポーツカジュアルを提案しています。

 また「マットダークグレー」は、従来のマットブラックから濃色のマットダークグレーメタリックに変更することで、よりスポーティかつ質感の高いイメージへと一新されています。

ヤマハ「YZF-R3 ABS」(2021年型)新色:シアン

 価格(消費税10%込み)は「YZF-R25 ABS」が65万4500円、「YZF-R3 ABS」が68万7500円となっており、国内年間販売計画は3700台、生産国はインドネシアです(ヤマハ発動機株式会社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing:YIMM)。

※ ※ ※

 なお、2機種の外観上での違いは「グラフィック(カウルのモデル名)」と「ヒールプレートのデザイン」、そして「ナンバープレート(緑枠の有無)」になります。

【了】

【画像】ヤマハ「YZF-R25」と「YZF-R3」の2021年カラーを見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事