ホンダ「CB1300 SUPER FOUR/ SUPER BOL D’OR」先進の電子制御デバイス採用で操る楽しみを最大化

ホンダは同社を代表する大型モデル型「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」ならびに「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」の新型モデルを発売しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

熟成を重ねるホンダを代表する大型モデル

 ホンダは「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」ならびに「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」の新型モデルを2021年3月18日に発売します。

ホンダ「CB1300 SUPER FOUR」(ベータシルバーメタリック)

 CB1300シリーズは、1992年に“新しい時代にふさわしいHondaのロードスポーツモデルはどうあるべきか”を徹底追求した「プロジェクトBIG -1」(水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載していること/その体躯はあくまでもセクシー&ワイルドであること/走る者の心を魅了する感動性能を有すること)のコンセプトを具現化した初代モデルCB1000 SUPER FOURの系統を継承した大型モデルです。

 今回のモデルチェンジではスロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブ制御を可能にする「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を採用することで、走行状況やライダーの好みに合わせてSPORT、STANDARD、RAINの走行フィーリングを任意に選択できる「ライディングモード」や、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を採用することで、ライダーの「操る楽しみの最大化」に寄与しています。

 また、新型モデルでは高速道路など長距離走行時に一定速度を設定することで、アクセル操作を行わず巡航を可能としライダーの疲労軽減と上質で快適な走行に寄与する「クルーズコントロール」も併せて採用されたほか、純正アクセサリーとして走行時にクラッチ操作を行うことなく、スムーズなシフトアップ/ダウン操作を可能とする「クイックシフター」も用意されました。

ホンダ「CB1300 SUPER BOL D’OR」(パールサンビームホワイト)

 なお、CB1300 SUPER FOUR、CB1300 SUPER BOL D’ORのカラーリングは、フレームをレッド、クランクケースカバーをゴールド色にすることで高級感を演出したパールサンビームホワイト、フレームとクランクケースをブラックにすることで落ち着いた印象を与えるベータシルバーメタリックの2色を設定。

 オーリンズ製の専用フロントフォークやブレンボ製ブレーキキャリパーなどを備えた上位グレード「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」では、従来同様としながらもシートにレッドのステッチを配することでスポーティーさを演出したパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッドの2色が用意されています。

 そのほか、急制動時にハザードランプを高速点滅することで急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」を採用することで安全性向上も図られた「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」シリーズの価格(消費税込)は156万2000円からで、シリーズ合計の販売計画台数(国内・年間)は1600台となっています。

【了】

【画像】進化したホンダ「CB1300 SUPER FOUR」シリーズを見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事