東北道の玄関口「蓮田SA」で朝食に最適なメニューを探したら豚汁定食に落ち着いた バイクで行く高速道路グルメ

東北自動車道の玄関口と言われる「蓮田SA」(下り)で朝食に適したメニューを探してみました。寒い季節、ツーリングのスタートに「豚汁定食」がオススメです。

東北道からのツーリング、朝食に「蓮田SA」の豚汁はいかが?

 近年、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)の施設の充実化が進んでいます。バイクツーリングのスタートに、SAやPAで朝食という流れも良いかもしれません。

ザ・和食! という趣の「豚汁定食」は、汁の底に沈む具沢山の豚汁でシンプルながら食べ応えあり。漬物や茨城産の小粒納豆もついて朝から満足

 2020年度、NEXCO東日本最大級のサービスエリア(SA)としてリニューアルオープンした東北自動車道(上り)「Pasar(パサール)蓮田」は、すでに利用したバイク乗りも多いかもしれません。

 今回は東京を出発し、東北自動車道下りの「蓮田SA」にて朝食をいただきました。いわば東北道の玄関口とも言える「蓮田SA」(埼玉県蓮田市黒浜3469)は、縦に長い駐車場と建物が特徴の施設。連日多くの利用者で賑わう人気のSAです。

 シアトル系のカフェやラーメン専門店の「蓮の花」など、魅力的なお店が多く並ぶなか、朝食に最適なメニューを探すべくフードコートへ向かいました。

 いわゆる“朝定食”は見当たらなかったのですが、冬のツーリングにぴったりな、身体が内側から温まるであろう「豚汁定食(690円)」を発見! これは美味しさを期待できるオーソドックスなメニューです。

 出来上がってみると、ご飯、具沢山の豚汁に加え、茨城産の小粒納豆、漬物も付いています。寒い季節に豚汁は最高です。この豚汁定食は完全に和食でまとめられ、朝食として十分満足なものでした。

SAだけあって二輪専用の駐車スペースもしっかり確保されている

 店内を覗くと『たまごや食堂』なるものがありました。こちらは2020年3月にオープンした、埼玉県比企郡嵐山町の農事組合法人セイメイファームから直送された新鮮な卵を使った卵料理専門店です。自家製角煮丼やかつ丼、オムカツカレーなど、美味しそうなメニューが並びます。

 今回は朝の時間帯に立ち寄りましたが、24時間営業のフードコートはメニューも豊富で、昼夜問わず腹ごしらえには良さそうです。

【了】

【画像】東北自動車道「蓮田SA(下り)」の豚汁定食は朝食に最適だった(11枚)

画像ギャラリー

最新記事