ドゥカティ1199 Panigaleのぜいたくな使い方 ポリフィア「Yas」

確かな技術とアイドル顔負けのビジュアルで世界中のギター・キッズたちから熱い注目を浴びているインストゥルメンタル・ロックバンドのポリフィアの「Yas」には、ドゥカティ1199パニガーレが登場します。

日本でも着実にファンを広げるポリフィア

 米テキサス出身のインストゥルメンタル・ロックバンドのポリフィアは、超絶テクニックのツインギターを擁し、プログレ、メタルからEDMまであらゆるジャンルの音を吸収しながらギター・ミュージックの可能性を押し広げているバンドです。ほとんどのメンバーが20代という若さながらも確かな技術を持ち、インストやプログレといったジャンルにありがちなテクニック重視の従来のイメージをくつがえすアイドル顔負けのビジュアルもあり、世界中のギター・キッズたちから熱い注目を浴びています。BABY METALと共演したり、2018年に日本で行われたツアーでは全公演ソールドアウトになるなど、日本でも着実にファンを広げています。

インストゥルメンタル・ロックバンドのポリフィア「Yas」

 今回ご紹介するのは、彼らの2018年にリリースされた3rdアルバム『New Levels New Devils』に収録されている「Yas」のミュージックビデオです。同じく2010年代を代表する人気プログレッシヴ・バンドのCHONからマリオ・カマレナとエリック・ハンセルの2名のギタリストをゲストに迎え、合計4人のギタリストによる超絶テクニックが惜しげもなく繰り広げられています。ギターの音は歌うようにのびのびと広がっていき、ドラムのタイトな人力ビートで自然に体が揺れてしまう、野外音楽フェスで聴いたら一発でノックアウトしてしまいそうな気持ち良いギター・インスト曲です。

 無機質ながら開放的なスタジオで最初に目に飛び込んでくるのは、ポリフィアのビジュアル担当兼トリッキーな技巧派ギタリストのティモシー・ヘンソンと、彼がイスがわりに腰掛けているDucati 1199 Panigale(ドゥカティ1199パニガーレ)。イケメンのまたがるバイクもまた、シンプルながらオリジナルなカラーリングや、テルミニョーニのサイレンサー、オーリンズのフロントフォークなど、こだわりのカスタムが施された端正なもの。ほかに何もないシンプルな空間だからこそ、ティモシーとパニガーレの格好良さが引き立ちます。MVはメンバーの手元や演奏シーンをさまざまなエフェクトで映していく王道なものですが、名曲を予感させるひずみの効いたギターによるイントロと、パニガーレの凛とした存在感がこのビデオをさらに印象深いものにしています。

インストゥルメンタル・ロックバンドのポリフィア「Yas」

 パニガーレは椅子にするにはもったいなさすぎるスーパーバイクですので、やはり道路でその走りを感じたいものです。ツーリングに出かける際には、このポリフィアの奏でる開放感あるインストが最高の脳内BGMとなってくれるでしょう。ギター好きはもちろん、爽快なドライビング・ミュージックを求めている人に、ぜひおすすめしたい1曲です。

【画像】ポリフィア「Yas」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事