クルマのようにバイクにも初心者マークを貼るべきなのか?

クルマは免許を取得してから一定期間は初心者と分かるように初心者マークを車体に貼りますが、バイクの場合はどのようになっているのでしょうか?

バイクは初心者マークを貼る必要はない?

 クルマは免許取得から1年間初心者マークを貼ることが道路交通法で定められています。

バイクに初心者マークを貼る義務はあるのか?

 初心者マークの正式名称は「初心運転者標識」とされ、同法の七十一条の五、第二項では「初心運転者標識等の表示義務」として、「第八十四条第三項の準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けた者で、当該準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年に達しないもの(当該免許を受けた日前六月以内に準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けていたことがある者、現に受けている準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けた日以後に当該免許に係る上位免許(第八十五条第二項の規定により一の種類の運転免許について同条第一項の表の区分に従い運転することができる自動車等(以下「免許自動車等」という。)を運転することができる他の種類の運転免許(第八十四条第二項の仮運転免許を除く。)をいう。第百条の二第一項第一号及び第三号において同じ。)を受けた者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。」と定められており、初心者マークを付ける義務があります。

 クルマにはこういった道路交通法で決められた義務がありますが、バイクの場合はどうなのでしょうか?

 道路交通法ではクルマのみの取り付け義務を定めており、バイクについての記述はないため、法律だけを見ると、取り付けをしなくても良いと言えます。バイク初心者や走行時に不安を感じる人は取り付けてると安心と言えます。

 道路交通法(運転者の遵守事項)第七十一条、五の四では、「自動車を運転する場合において、第七十一条の五に規定する者又は第八十四条第二項に規定する仮運転免許を受けた者が表示自動車(第七十一条の五又は第八十七条第三項に規定する標識を付けた普通自動車をいう。以下この号において同じ)を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している当該表示自動車の側方に幅寄せをし、又は当該自動車が進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車が当該自動車との間に第二十六条に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと。」と定められています。

 仮に違反した場合、初心運転者等保護義務違反として、違反点数1点、反則金として大型車、中型車は7000円、普通車、2輪車は6000円、小型特殊は5000円の支払いが課されます。この法律により、初心者マークをつけていることで、周りの走行車から守られ、より安全に走行できると言えます。

 千葉県警察交通課の担当者は、バイクの初心者マーク取り付け義務について、以下のように話します。

「法律としてクルマは取り付けの定めがありますが、バイクはないため付けなくても大丈夫です。ですが、初心者マークを付けているバイクやクルマがいた場合に、周りの走行車は保護をする必要があると義務付けられているので、付けておくことで守られやすくなります。

 バイクの免許が取り立てで初めての走行が不安という人は、取り付けておくと良いのではないでしょうか」

 初心者マークは、付けていたとしても、周りのクルマや歩行者に見える位置に取り付けていないと意味がありません。クルマでは、付ける位置が決められていて、道路交通法第9条の6では、「地上0.4m以上1.2m以下の位置に、前方又は後方から見やすいように表示するものとする」と定められています。

初心者マークをヘルメットに貼ることで注意喚起になる

 バイクの場合は、クルマと違って車体が小さい分、初心者マークを貼っていても見えにくいため、ヘルメットやリアボックスに貼ることで周りに注意喚起を促すことができます。初心者マークはネット通販やバイク販売店、カー用品店にて取り扱いがあるため、初心者の方はバイクを購入する際に購入するのもオススメです。

※ ※ ※

 バイクは初心者マーク取り付けが義務ではないものの、取り付けておくことでより安全に走行が可能となります。初心者で走行が不安に感じる方はぜひ初心者マークを取り付けましょう。

【了】

【画像】バイクに初心者マークは貼るべき?

画像ギャラリー

最新記事